« キャンディ・キャンディ | Main | Curious George »

August 09, 2004

長野に行ってきました★

04-08-06_18-30.jpg
※今日のロンドンは画面の都合上お休みします。

というわけで、長かったようで短い小旅行・・・もとい、学会でした。
私の『初長野・先祖の香りがする街の旅』をダイジェスト版でお送りします。

○○1日目『清』○○
新宿発高速バスで長野まで約4時間。ちなみに値段は成田までのバスより安い。地名を見ても何県なのかさっぱり分からない。途中の休憩所で、群馬県だということを知ったり。
14時 長野駅着 お昼を食べて、『ぐるりんバス』(100円)に乗ったら、方向を間違えて遠回り。まぁ、市内観光ということで。ネット予約した旅館に荷物を置いて、善光寺へGo!! 多少傾斜はあるけど、まっすぐ参道があるので、歩いていった。
善光寺は、「大化の改新」前からあるらしい。おぉ!ちなみに山門は修復中。。。パリの凱旋門の悪夢がまた。すでに4時をまわっていたので、見る時間がわずか。すべり込みで『戒檀めぐり』とやらを。本堂の下に地下道があるんだけど、ほんとに真っ暗で、壁つたいに歩かないと大変なことに。うしろのおじさん(トルコ人?)につかまれたし・・・
暗くて狭い道は『産道』を表してるらしく、心を無にしてそこを通ることで、出てきた時Re-birthの状態になれるらしい。実は、閉所暗所恐怖症気味なので、くれまいの「柱があるよ」「まがったよ」の言葉に助けられながらなんとか出られた。お経の蔵もまわしてきたし、なんか、心が清らかになった気がします。
しかし・・・お店閉まるのはやっ!! 仕方ないので駅前まで出て、『油や』でかけそばをいただきました。信州といえばそば!

○○2日目『温』○○
学会の会場へ。参道ぞいなので、歩いていけた。要綱があまりに分厚くて鬱。。。。
英語教育に携わる小中高の先生、大学教授、大学院生などなどが発表。ふむふむ。
フォーラムが終わって17時、お昼にチェックした『裾花温泉』へ行く。この日は大きなお祭り、びんずるの日だったので、すでに中心街は通行止めになってた。行きはなんとかタクシーで温泉に。露天風呂、サウナ、ジャグジー、足ツボ湯があって本当に極楽極楽・・・褐色ににごったお湯で、カルシウムが多いらしい。露天風呂目の前が絶壁の山。温泉最高!!つかりすぎてのぼせ気味。
もちろん湯上りにはコーヒー牛乳で。
お祭りを横目に歩いていたら、通りで踊ってたヤンキー風お兄さんがお酒をくれた。長野の人はいい人だねぇ。それとも『美人の湯』の効果かしら?(笑)というわけで歩きながら一缶あけたら、宿についてばたんきゅう。
しかし、街をあげてのお祭りっていいね。

○○3日目『食』○○
朝9時から連続8つの発表を聞いて、バスの時間から午後はどうせ途中で抜けなきゃいけないので、お昼で切り上げて再び善光寺へ!でも日曜ということで混んでたので、戒檀めぐりはあきらめて、参道でおやきとソフトクリームを頂いた。それからお土産を買って、スタバで一休みして、バスに乗り込んだ。私の中ではまだお盆じゃなかったんだけど、世間的にはそうだったらしく、渋滞・・・・・しかも豪雨。
埼玉に入ると、高速の左手、右手に花火大会が見えた。
疲れた~とか言いながら、バスの4時間半はくれまいとずっとしゃべり通してたのでした。

お写真はこちらでいけるはず↓
長野の写真

さて・・・レポートが。。。

|

« キャンディ・キャンディ | Main | Curious George »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

雨なんて降ったっけ?しかも豪雨・・・w ともあれ、お帰り。

Posted by: じぃや | August 09, 2004 at 04:42 AM

豪雨は長野~群馬あたりだよ。ほんと、私が運転してたら今頃無言の帰宅だったかも・・・。プロの運転手さんてすごい!

Posted by: エリカ | August 10, 2004 at 10:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40369/1154498

Listed below are links to weblogs that reference 長野に行ってきました★:

« キャンディ・キャンディ | Main | Curious George »