« 『旅立ちの日に』 | Main | 心中的日月 »

March 23, 2005

地元愛

bulua今日は、非常勤講師の登録のため、お役所系をまわってきました。もっと早く行かなきゃいけなかったけど、色々あって・・・

神奈川県と横浜市のお役所は、関内駅周辺にかたまっています。1年前に、馬車道駅や日本大通駅ができたので、便利になりましたが、昔は結構歩くから大変だったろうな・・・私はパスポートセンターくらいしか用がなかったけど。

関内は、開国当初に外国人がたくさん住んでいた居住区だったらしいです。ほぼ埋め立て地で、人柱に立った若い女性を慰霊するお社が点在してる。伊勢佐木モールのあたりは、確か岡場所(非公認の遊郭?)だったはず。横浜スタジアムもある。明治時代の西洋建築がたくさんあって、なんだか浅いけど歴史を感じます。そんな港町っぷりが好きで、昔からよく散歩してました。やっぱり海が好き。久しぶりに行ったら、道路が開通してたり、色々変わってました。

そういえば、もうすぐ愛知の万博が始まりますが、15年ちょっと前に『横浜博覧会』なるものが開催されたのを覚えていますか?私も小さかったので、断片的な記憶しかないけど、リニアモーターカーに乗ったとか、あいすくりんがおいしかったとか。あの時のキャラはそんなにかわいくなかったけど、モリゾーとキッコロはかわいいと思う。誰か行ったらグッズを買ってきてください。

さてさて、非常勤登録は、学歴やら履歴書のようなものを出し、面接もあるのですが、隣の面接官の人はものすっごい色々聞いてたのに、私のあたった人は事務的なこと以外質問しないで、ハイ終わり!って感じで、不安になってしまった。地元民だから?それとも何か落ち度が・・・?

香港で迎えたため、祝えなかった母の誕生日祝いのために、家族でランチビュッフェに行く約束になっていたので、待ち合わせ時間まで、関内~みなとみらいをぶらぶらしてました。
やっぱり、私この街が好きだな~って思う。就職しても、結婚しても離れたくない。先生には東京を勧められているんだけど、やっぱ地元で働きたい。
でも、悲しいかな、生まれたのは母の実家・東京なので、『生まれ育った』街とは言えない(;-;)おうぉぅ・・・
でも、心は完璧『はまっ子』ですから!!

そして、ビュッフェはおいしかった。身体測定を前にして、胃の調子がよくなってきたので、結構食べてしまった・・・

|

« 『旅立ちの日に』 | Main | 心中的日月 »

Yokohama」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

横浜博覧会行ったよ~
確か3年生で遠足で行った気がする。
私はブルアちゃんけっこうかわいいと思うけどな。
愛知万博も機会があったら行きたいね!

Posted by: ぐりこ | March 23, 2005 at 09:55 PM

年齢制限のため、学校では連れて行ってもらえなかった・・・
ブルアちゃんという名前も今知りましたわ。。。
ねー行きたい、去年学会で名古屋行ったけど、今年は混むんだろうな、あのへん。

Posted by: えりか | March 24, 2005 at 10:08 AM

3連休のうち、日月を使って埼玉に車で行って帰ってきたけど、帰りは豊橋から豊田まで東名混んでたよ(++)
しかし、愛知万博効果はすごく東名と伊勢湾岸と環状線と中央道がつながってました(^^;
でも、車で行ったらリニア乗れないのね・・・
あと最大で1日20万人が訪れる可能性があるらしく
食事は1時間半待ち、リニア乗るにもかなり待たないといけないみたい(^^;
でも、行ってみたいし近いから行こうっと(^^)

Posted by: こうめい | March 24, 2005 at 05:41 PM

愛知周辺の地理は怪しいので、特に高速道路なんて全くわかんないけど、すごいのね。
行ってみたいけど、混むとこ嫌いだから、なんか結局行かずじまいになりそうな予感~。

Posted by: えりか | March 25, 2005 at 01:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40369/3407866

Listed below are links to weblogs that reference 地元愛:

« 『旅立ちの日に』 | Main | 心中的日月 »