« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

July 30, 2005

Whittard

05-07-30_16-05

Whittard
Whittard Original

ロンドンに行ったときに買ったウィッタードの紅茶。
お茶は結構長持ちするので、best before JAN 2006

ついついお茶は大量に買ってしまい、香港で買ったのがやっと終わったので、次に期限が迫っているこちらを開けた。
Whittardは日本でも多分買える。ネットでも注文できそうだけど、送料がいくらかかるんだか・・・
濃い目に出るので、ミルクとよく合う。一応ティーバッグだけど、ポット用でひもがついてないからちょっと不便。。

昔、紅茶屋さんでバイトしてたので、そのときにちょこっと勉強した。
BreakfastはBroken leafで濃い目に出るので、ミルクをたっぷり入れて飲むとか。

ところで、ロンドンでもう1つ、HIGGINSという王室御用達コーヒー&紅茶の専門店がDuke Streetというところにあるのですが、そこのお兄さんに選んでもらった、HIGGINS Afternoonがめちゃめちゃおいしかったです。日本でも、神戸に輸入しているお店があるらしくて、紅茶が全部なくなったら、注文しようと思います☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2005

買っちゃいそう。

hotfuss

次の試験用の書類が届き、まだまだ胃痛が治らない今日この頃。
しかも外は猛暑。
しかもまた地震。。。茨城南部って、またプレート?

the KillersのHot fussというアルバム。これに入ってるMr.Brightsideという歌のメロディーに惹かれて、気になり中。ボーカルの声も好き。買っちゃいそうですわ。。。地元のTSUTAYAはもはや私の欲望(?)を満たしてくれない。Kelly Clarksonも欲しいなぁ。

ハリポを1週間で読んでしまったので、今はまた1巻目から読み返しはじめた。
1巻を読んだのは高3の時で、英語力もさらに↓↓だったし、大量に出てくるわけのわからん名詞(主に人名)で頭がごちゃごちゃになってたけど、改めて読んでみると、「こんなことがあったのね」的な発見があって、面白い。いつかイギリス版とアメリカ版の比較もしてみたいなー。つづり以外にもあるのかな?

音楽とハリポがいい息抜きになってます♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 25, 2005

(@д@)!!!!

ここ数日、私の胃腸を苦しめていた原因が。。。

ここは英語教師らしく、結論から先に言ってしまおう。

教員採用試験一次合格

してるみたいです。。。だってまだ信じられないんだもん。。。

今日、合格発表だったんだけど、確認方法が3つあって、
①お役所の掲示板を見に行く
②ネットで確認する
③郵送

①は、もし落ちてたら、わざわざそのために見に行って凹んで帰るのやだから×。
②は、あっさり判明しすぎて落ち込むから×。
だから、どっちみちやってくる③を待とうと思ってたんだけど、届かないからよく確認したら、今日発送だから届くのは27日って書いてあった・・・

今日が発表だって母にバレて、『ネットで分かるんだったらさっさと見なさいッ!』と一喝されたので、しぶしぶウェブサイトで確認した。ほんとに怖かったようぅぅぅ。あの瞬間てほんとやだ。

あった。ただ、個人情報の問題なので、番号。だから合格通知が届くまで不安でしょうがない。何かの間違いだったりして。。。

一次さえ受かればいいや、って最初から思ってたので、少し気が楽になりました。
もちろん、これからもっと怖い二次が待ってるけど、できる範囲でがんばる。

しかし、1週間漬けの一般教養・教職教養でなんとかなるもんだな。でも見た感じ、英語資格所有者の合格率のが高いみたい。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

July 24, 2005

BOMBING

haneda 羽田空港第2ターミナル

昨日はすごい地震でびっくりした。その時、ハリポを読んでいて、超クライマックスにさしかかっていたところで、下から突き上げられるような揺れにすっごいびっくりした上に、その後ハリポ⑥のラストにも驚いて、なんか寿命が縮まった思い。・・・寝る前とか休憩中に読んでたら、結局1週間で読んでしまった。ちょこちょこ読もうと思ってたのに、、、前は半年とか1年かけて読んでたのに。
でもいよいよな感じで、、、なんか落ち込んだわ。あんなことになるなんて。。。号泣
ていうか次は一体いつでるんでしょうねぇ、はは。

で、今日はゆずっ子陽子&かすっちfrom westが横浜に来ていたので、MM21で会いました。朝から激しい胃痛に襲われ(多分、先週の色んなストレスとかが原因)、フラフラな状態でとっても心配かけましたけど、なんとか、回復に向っています。

陽子のお友達も含め、4人で赤レンガ倉庫でランチしながら、大笑。
近頃、年齢の近い人と交流する機会が激減していたので、ほんとに楽しかった。
こんなに笑ったの久しぶり。

陽子は1年ぶりだけど、かすっちは3年半ぶり!!北京でさよならしたっきりじゃん!!
でも全然変わってない。笑

天気も悪かったし、(ていうか、私がこんなだったし。。。沈)あんまり観光らしいことはできなくて申し訳なかったけど、お見送りがてら、羽田空港の新ターミナルに初めて行った。
羽田は高校の卒業旅行の時と、あと高速教習で目の前まで来たことがあるだけ。横浜からこんなに近かったのね!キレイだし、いろんなお店が入ってる。

今年の夏は関西に行けないと思うけど、近いうちにいけるように頑張ろうっと。
でもストレスはためないようにしないと・・・(困難)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2005

貧血検査で貧血

学校においては、別に法律で定めるところにより、学生、生徒、児童及び幼児並びに職員の健康保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保健に必要な措置を講じなければならない。
―学校教育法第12条

1週間前
「先生、健康診断希望されてましたよね?来週の木曜9時からですので・・・」
採用時、大学と4月に2回も受けたんだけど、来年また必要になるので、希望を出しておいたんだった。X線検査はもう2回もやっちゃったので、今回はパスしたけど。来年から廃止になるって噂も聞いたし。あと29歳以下は胃とか血糖値とかもない。
中に入っていた問診表を見ると、*がついてたのが、

「身体測定」
「血圧」
「貧血検査」

・・・「貧血検査」???って・・・(考えないようにしよう)

今日
「貧血検査ってやらなきゃだめですか?」
「まぁ、きまりですから(あっさり)」

・・・嫌な予感が。貧血検査は初めて。注射されるのはまだ我慢できる(たぶん)、でも、あんな鋭利なものを刺された挙句に血を採るなんて・・・

「血を見ると倒れちゃうんですけど」と言ったら、寝ながら採血することになった。
見ないようにしてても、痛いし、分かるし・・・とりあえず無事採血は済んだものの、その後5分ほど止血帯をして坐ってないといけないらしい。

最初の数分は、すっごい気分悪いけど、なんとかなりそうだ、と思った。

が、3分ほど経ったら、目の前が暗くなり始めた。やっぱり起こしてしまった・・・(涙)
でもこんな所で倒れるわけにいかないので、5分経つまでなんとか我慢して、這うようにして講師室へ戻って、30分ほど自分の席で死んでました。。。どうやって止血帯取ったり絆創膏貼ったりしたのかよく覚えてない。。。

けど、なんとか気を失わなくてよかった。。。でも二度とやりたくないよぅ。
「献血50回しました」という人、本当に尊敬します。友達にも献血が好き(!?)な人がいて、何度か誘われたけど、とてもじゃないけど、できそうもない。
いつも献血車の前を申し訳ない気持ちで通り過ぎてます。

情けないけど、こればかりは自分で統制がきかない。しかも突然やってくるので、目を開けたままってこともしばしば。少女漫画のように美しくはいかないね(笑)しかも頭とか打つし。

「血の気が多くて、ありあまってるんで献血でもしようかな、あはは」くらい言えるような健康体になりたいです。。。涙涙涙

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

先生の夏休み

skyguam_085 夏!!

今日も暑かった。梅雨も明けたそうですし。
でも、玄関を出て、空を見て嫌な予感がしたので、傘を持っていったら正解。
母は気づかず、洗濯物干したまま出かけたので、帰ったらびっしょりでしたーあは。

写真は日本ではなく、グアムの空。あー行きたい、泳ぎたい。
でも、暑いのやだな。

明日でほとんどの学校は終業式を迎えると思う。
学校の先生って夏休みあるの?」って聞かれるけど、、、「ない」。
もちろん、授業はないから楽。それでも、学校には出勤しなきゃいけない。
特に最近は厳しくなっているようです。

常勤の先生はまた制度が違うかもしれないけど、とりあえず、出勤すべき日は学校に来なきゃいけない。ただし、研修や割り振りがあります。

1ヶ月に来るべき時間の半分まで、学校以外の場所で「研修」することが認められています。セミナーに参加するとか。英語力を磨くとか。
但し、都道府県または市町村民の皆さんに納得していただけるような、「成果」を出さなきゃいけないらしい。レポートとかね。もち、事前に管理職の承認も必要だし。めんどくさいから、この夏は「割り振り」だけして出勤します。。。

割り振りは、出勤すべき日を変えたり、まとめたりすること。但し、1日6時間までらしい。
クーラーないから本当に地獄だけど・・・後期の教材研究や補習をする予定。

先生、しかも大学院生、しかも教採、夏休みはない。↓↓

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2005

HARRY POTTER and The Half-Blood Prince

halfbloodprince ついに!!ハリポの新刊。
Amazonで予約してたので、今日の朝届きました☆早速ちょこっと読んじゃったけど、課題もあるので、がまんがまん・・・

ロンドンのテロで、King's cross駅も標的になりましたが・・・ほんとに悲しい。
ハリポの舞台になったところを見たくて、この駅を見に行った。ロンドンの地下鉄ってTubeって呼ばれてるけど、彼らの体格に比べてほんとにちっちゃいチューブだなぁって思った。あんな狭い中で、どんなに怖かっただろう。

ことばを教える者としても、いつもいつもすごく胸が痛みます。
何のために言語があるんだろう。こんなにも、暴力でしか訴えられない人がいるなんて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

Stop All The World Now

howie2 Howie Day!!

買っちゃいました。。。今週3枚目のCD。爆
給料日だったもんで、ついついつい・・・

最近はちょっとうるさい目くらいのPunkにハマっているので、ちょっと物足りない感もあるけど、全体的に優しい気持ちになれそうな感じの音楽です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

Developmental Psychology

レポートが1つ終わり、また授業も終わったので、事実上夏休み
ただし、やることはまだまだまだまだまだたくさんある。

でも、1日くらいゆっくりしたい。1週間以上前からぶっつづけで勉強してるんだもん。。。

piaget07このお方は、発達心理学では超有名な、Jean Piaget氏。今回のレポートは、児童英語教育だったので、お世話になりましたm(_ _)m

Vygotskyと同じ年に生まれたのに、彼は30代で亡くなって、Piagetは私が生まれるちょっと前まで生きてらしたご長寿。

私は中高の免許しか持ってないし、小学校や幼稚園で教える可能性は低いけど、一貫性のある教育って大事だと思って、学部時代からちょこちょこ勉強してた。

Mother gooseとか、歌ったり、踊ったり、人形劇したり、チャンツ作ったり、結構楽しいのです。

子供の発達段階を考えて、指導を考えていかないと、効果がない。
11歳くらいになると、論理的な思考ができるようになってくるから、文法を教えることも可能。でも、それ以前の子供は、大きな声で歌ったり体を動かすことが好き、幼稚園くらいの子は自分で見たり聞いたりしたことでしか考えられず、自己中心的。とか。

小学生は塾でしか教えたことないけど、なんだかんだカワイイよね。
でも、小学校や幼稚園の先生している私・・・想像できない。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2005

Oops! I did it AGAIN!!

Britneyではありません。この曲は好きですが。

そして、ロマンチックなことでもありません(彼女の歌では、『あら、また思わせぶりなことしちゃったわ』みたいな感じ)。・・・縁がないな。

やっちゃったのは、これ↓

SP-2
Simple Plan NO PADS, NO HELMETS...JUST BALLS

倹約令を出し、給料日前であるはずなのに、買ってしまった・・・
しかも、この前Wish listに載せた、Still Not Getting Any...も。。。

NO PADS....の方は、日本版ではSimple planっていうタイトルで出てるっぽい。
また、Crushしてしまいました。どうして、しかも2枚も買ってしまったかというと、衝撃の事実が分かったから。

Simple PlanはUntitled で興味を持ったんだけど、Web‐siteを見ていたら、1、2年前から時々AFNで耳にして、とっても気に入っていたI'd do anything が彼らの曲だと判明

BFSの1985 の時もそうだったけど、ラジオって最初に歌手と曲名を紹介してから流すことのが多いから、『この曲好き♪』って思っても、誰の曲だか??っていうことがよく起こる。サビから推測して調べることもできるけど。手間。

というわけで、その奇跡?の事実につい・・・I'd do anything NO PADS...の1曲目。
お勧めです。Fuji Rock来るらしい。いいなぁ~。行ってみたい。でも夏は暑いからやだ。

後期に使いたい曲が山積みになってる。生徒からのRequestもあるし。教科書使わないで、全部歌でやりたいよう。。。

そして、このお財布状況で、やっていけるだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2005

教採

日曜だから交通機関の接続もあまりよくないし、早めに出発するために、
5時半起き・・・

しかも、夢見が悪い。。。
昨日、休憩中にKelly ClarksonのPV見た影響かしら?

この一週間、付け焼刃もいいところな詰め込みを。なんでもっと早くやらなかったんだろう(涙)(涙)(涙)

受験会場は、自分の大学(ただし、別キャンパス)だった。少しは安心。
試験は、①一般教養、教職教養の試験(60分、マークシート)と、②専門科目の試験(60分)、③論文(約1200字、60分)、ランチをはさんで④集団面接。

②に関しては、英検やTOEICスコアをある基準以上持ってると免除される。これは助かる。③は二次試験だから、一次で落ちたら意味なし。

①はねぇ。。。教育原理、教育心理、教育法規からおもに出されるけど、傾向は各地方自治体によって違うみたい。でも、問題的には車の免許の時の筆記試験みたい。すごく、いやらしい。『~の義務を負』『~の義務を負』(前者は教育基本法で、後者は日本国憲法)みたいなところをつついてくる。

もちろん、知識は大事。教師たる者、そういうことにも敏感でなければいけないのかもしれない。でもね、学習指導要領を改訂して、『完全週5日制、内容3割削減、ゆとり教育』って、知育を重視しすぎた(=詰め込み)のを反省したからじゃないの???

この試験、明らかに詰め込みを必要としてませんか?・・・負け惜しみにしか聞こえないが

③は、時間配分を間違え、その場で笑いそうになったくらい、ヤバい。史上最低の出来かもしれない。

④は、人物重視らしいので(ということは、①の試験の重みってどの程度?)、全員に実施。4人ずつ、で面接官は2人。グループディスカッションするんだと思ったら、普通に一人ずつ聞いていっただけだった。自己紹介と、共通の質問1つ、教育に関する問題にどう対応するか系が各受験者2つ。これも緊張して爆死。

・・・もう情けなくてコトバも出ないけど、結果の如何に関わらず、凹んだ。向いてないかもしれない・・・まぁ、将来のことは気長に考えよう。

しかし、落ち込んでもいられず、今度はたまりまくった大学院の課題を片付けなければいけないから・・・(‐д‐)sigh

でも、今日はゆっくりお風呂に入って、パックして寝ます。(一応Star Warsも見て)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Over the week....

ごぶさた。
この1週間、教員採用試験の勉強で必死でした・・・結果的に、

ぼろぞうきんが不完全燃焼で一酸化炭素中毒

って感じ。(化学的にありえるのかどうかはさておき・・・)

そんな一週間、色々ありましたよ・・・

期末テストが終わる。
今回は記述式問題を1つ増やし、多肢選択問題も増やし、100点満点に。記述問題は、評価がほんっとおおおおに難しい。基準を作ってるんだけど、例外がいっぱい出てくるし。でも、今回も、みんなの頑張って書いたものを楽しく読ませていただきました。制限作文問題は、パンダとうさぎの二コマ漫画を描写する、というもの。ドラちゃんの漫画使ってやった『ナレーションusing過去形』と同じなんだけど・・・現在形とか、時制無視もちょこちょこ。。。

こっちの試験1週間切ってるのに、期末テストの採点、さらには仮評価も出さなきゃいけなくて、時間をとられた。評価は、授業での取り組み、宿題、出欠、定期テストなどで統合的に、4つの観点別評価をして、それを5段階評価に換算します。難しい。。。点数つける『評価』ってキラ~イ。

時計が戻る。
分解掃除に出していた腕時計が、特に故障もなく、無事掃除が終わって返ってきた。23日以降って言ってたのに、めちゃめちゃ早いじゃん。。。。。今日の試験に間に合わないからって新しく時計買ったのに、余裕で間に合ってるし・・・爆 
しかも給料日前なのに・・・出費が。。。でも無事に戻ってきて良かった。これからは交互に使います。
磁気を帯びてたから、時計を携帯とかスピーカーの近くに置かないで下さいね、って言われた。時計ってデリケートなのねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

先生になりたい理由

先生なんて絶対なりたくないッ!

と、思っていたんだけど、いつの間にかこんなことに。。。

今の勤務校には、出身高校でお世話になった先生が二人いらっしゃいます。さらに、この教育実習シーズンに、後輩が実習生として来ました。というわけで、同じ高校つながりで、先生お二人と、卒業生二人でお食事会という運びになりました。

毎回、後悔の連続で、今日もあまり上手く進まなかったので、ちょっと凹んでいたところ。
大先輩の先生方のお話、後輩(といっても、面識なかったんだけど)と懐かしい高校の話をできて、とても楽しかった。

少なくとも中学までは大人しくて、人前で何かすることが苦手だった私が、人に教えるという職業に興味を持ったのは、高校の時でした。

ほんとに、魅力的な先生がいっぱいいたから。おかげで、勉強が好きになった。
その中のお二人と、あらためてお話して、私もこんな先生になれたらいいな、って心から思った。私みたいなのが、『先生』と呼ばれることが恥ずかしいくらい、素晴らしい先生方。

それに、生徒が何かを学ぶことを手伝えるのって楽しい。
なかなか学ぼうとしないから、手を焼きますけど。(イライラの原因になりつつある。。。)

すぐ袋小路に入っちゃうけど、やっぱり、先生に挑戦してみようと思う。やっていけるかどうか、不安はあるけど。私が素晴らしい先生方に教わったこと、伝えていかなきゃって思うし。

・・・まずは受からないと話にならないんだけど・・・沈

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »