« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 29, 2005

議事堂に登っちゃった人

fathers4justice A 'Fathers 4 Justice' protestor waves from the roof of the House of Parliament yahoo! UK&Irelandから

ビッグベンを背に、一体どこにのぼってるんだ!?議事堂見学中に警備の目をくぐってこんなところに来たらしい・・・すごい。

彼はFathers 4 Justiceのメンバーで、離婚時の親権問題で父親が不利だってことに抗議してるとか。垂れ幕には、
Does Blair care? For Fawkes sake, change family law.
と書いてあるみたい。

For -'s sakeと言う表現は、「お願いだから、一体ぜんたい」のようにちょっとイライラ感を表す表現。私もイギリス人じゃないんで、定かじゃないんだけど、FawkesってのはたぶんGuy Fawkesのことかなーと思いました。

11月5日は、イギリスでGuy Fawkes Dayといって、1605年に国王ジェームズ1世を議事堂もろとも爆破しようとしたGunpowder plot(火薬陰謀事件?)の首謀者の1人Guy Fawkesの人形を燃やしたり、花火をあげたりする日らしい。

彼は、こっそり議事堂の地下に爆薬を運び込んでたんだけど、その現場を抑えられて、捕まったとか。でも本当の首謀者はその後に捕まった人みたい。どちらにせよ、加担者はかなり残虐な拷問と処刑にあったそうです。

なんでこんな事件になったかというと、まず、ジェームズ1世の祖父であるヘンリー8世は離婚・再婚問題でローマ教会と対立して、イギリス国教会を作っちゃった人です。カトリックはこれを禁止しているので・・・。
で、最初の妻はスペインの姫で、その娘がBloody Maryで有名なメアリー1世。彼女はカトリックに戻そうと、プロテスタントを弾圧。それで「血まみれメアリー」なわけです。ジェームズ1世は彼女の息子。

次に王位についたエリザベス1世(ヘンリー8世の二番目の妻の娘)は、再びプロテスタントに戻す。その後にジェームズ1世が即位。彼はカトリックもプロテスタントも弾圧してたようです。そこで起きたのがこの事件。Guy Fawkesさんたちはカトリックです。

昔の『罪人』が祭日になってるのって不思議。今は堂思われてるのか分からないけど、人形を燃やすってかわいそう・・・もう亡くなってるんだからいいじゃない、というのは日本人の発想?

で、議事堂に登っちゃったお父さんの垂れ幕を見て、『議事堂』『離婚』なーんてキーワードからこのことを思い出しちゃいました。やっぱ意図的にFawkes使ったのかな?

昔、Mr. ビーンの役者さんが主演の映画(ジョニー・イングリッシュ?)で、彼が
『ブラッディ・メアリーをウォッカ抜きで』
って注文してて・・・・・・・トマトジュースじゃん(笑)とちょっと面白かったことも思い出した。

イギリスって面白いなー。というか、歴史って面白い。申し訳程度に英文学勉強してたのは随分前に思えるけども・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2005

YLANG YLANG

Ylang2 以前、限定のローズのボディーローションを買った話をしましたが、今度はまたThe Body Shopで『イランイラン』のクリームを買いました。

ベルガモット(アールグレイに使われる、柑橘系のさわやかな香り)と迷ったんだけど、これから寒くなるので、甘い香りの方がいいかなーと思って。The Body Shopはクリームの香りに色々な種類があって、次は何にしようかなーと考えるだけでも楽しい。エッセンシャルオイルが入っていて、本当にいい香り♪

立ち仕事だし、荷物も多いし、手足がだるだるになるので、お風呂上りにクリーム塗りながらマッサージするのが幸せのひととき。

私の手足のだるさ以上にだるだるな生徒たちによるストレスも解消させよう・・・飛んでいけーーー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2005

SUMO

Sophia News Agencyのニュース

もうお気づきだと思いますが、琴欧州のことです。笑

昨日はお茶にしようと思って台所に行ってTVをつけたら、秋場所千秋楽がやってたので、母と見ました。

私のミーハーはこの人から遺伝したんだと確信。

いやぁ、日本人だって厳しい伝統的な相撲の世界に外国からやってくる、ってだけで応援したくなるけど。最近、東欧に行ってみたいなーとよく思う。

海外にも相撲ファンっていっぱいいるのね。
明日の授業で使っちゃおうかなー♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2005

キルフェボン

今日は久しぶりに同じ学科の友達と会った。
特に最近、表参道からは足が遠のいていたけど、ちょっと行かない間に変わりすぎ・・・

とりあえず、青山のキルフェボンカフェへ♪
V4010147  いちごのタルト
お彼岸だから、今日は家でおはぎを作って食べたのですが・・・
食べられてしまうもんですわ。。。甘すぎないクリームに、甘酸っぱいいちご&上にゼリーがかけられていて、すごく美味しかったです。アッサムとの相性も抜群。
魅力的なタルトがたくさんあって、選べというのは残酷なくらい。

しかし、南青山は外国人の多いこと・・・
お店も常に行列で、予約しておいてくれた友達に感謝。

学部時代、こうして時々放課後にカフェでまったりしたなぁ・・・今思えば本当に貴重な時間だった。環境にもめぐまれてたしね(^^)
毎日ずっと顔を合わせてたのが当たり前だったのに、気づけば1年に数える程度しか会ってない。これからどんどん会う時間なくなるだろうな、と思うととても寂しい。

幸せのひとときでした。。。
このまま論文のことなんて忘れたい・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2005

From Under The Cork Tree

from_under_the_cork_tree Fall Out Boy FROM UNDER THE CORK TREE

実は随分前に買っちゃったんだけど。かなり聞き込んでます。
彼らを知るきっかけになった、Sugar, We're Going DownがMTV2 Awardを受賞したらしい。

ちなみに、先週来日予定で、渋谷クアトロでライブが行われるはずだったのですが、キャンセルされたみたい。すごーく行きたかったけど、どうせ行けなかったので、楽しみにしてた方には申し訳ないけど、ある意味諦めがついて(?)よかった。

歌詞は??も多いし、タイトルが長いけど、メロディーと声が好き。12曲、勢いがあって、流れるよう。系統としてはBowling For Soupに近い感じがする。

Our Lawyer Made Us Change The Name Of This Song So We Wouldn't Get Sued
Dance, Dance
Sophomore Slump Or Comeback Of The Year
あたりが特にお気に入り。全部好きだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2005

Gerard Mulot

英語と数字とにらめっこの日々に、嫌気がさしている今日この頃。
小テストの結果も散々だったし・・・あんだけ復習しろって言ったのに・・・
思わず絶叫。はぁ・・・

愚痴っても仕方ないので、心を癒しましょう。
05-09-14_17-11 木いちご(フランボワーズ)のムース

Gerard Mulotというパリのお菓子屋さん。日本にも数店舗出てます。
おそらく、Charlotte framboisesという名前だった気がするんだけど、なにせフランス語はほとんど分からないので、一度では覚えられませんでした。ちなみにリンク先もフランス語ですのであしからず。

これが、めちゃめちゃ美味しかったです。ムースにハマってることは先日も申し上げましたが、甘酸っぱくて、中にスポンジも入ってるんだけど、幸せ気分になれた。私はラズベリー(=フランボワーズ)が大好きなんだけど、甘酸っぱさと、種のぷちぷち感が好き。

ここのお店はもともとマカロンが好きで、パリ・サンジェルマンの本店に行こう!って思ってたんだけど、去年パリに行った際はドイツの友人を訪ねる関係で行くことができなかったのです・・・(涙)
親切な友人が、その間本店へ行ってマカロンを買ってきてくれました☆
日本人ばっかりだったそう(やっぱり)。
ジェラールミュロ本店に行けなかったことは、本当に悔やまれるけど、こういう場所を残しておいた方が、また行こうって気になるし、よしとしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

添い寝?

今週も疲れた・・・
何をやっていたかよく覚えてないけど。

少し秋の気配が感じられるようになった・・・とはいえ、昼間は日差しが強くて暑かった。
ほんと、教室の不快指数高すぎ。黒板の前で、玉座に坐りながら、隣にキレイなお姉さんがうちわで扇いでくれている状態で授業ができたら・・・なんて妄想してみたり。

欲しいぃぃと訴え続けていた、
リラックマの抱きまくらをお姉ちゃんに買ってもらった(笑)
rirakkuma2

120センチもあるんです。w

小学生くらいのサイズ。

これに抱きついて横になると気持ちいい♪

表面もタオルみたいな生地だから。

しかし・・・長い・・・

私の寝床を占領してます。

でもカワイイ☆

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 14, 2005

女性専用車両に

勇気を出して乗ってみた。こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、別に必要性はないんだけど、ただどんなものか知りたくて。。。

なんか、不思議な感じ。車両全部女性。ただ・・・隣の中年女性の化粧臭がひどくて・・・(*o*)う~ん。。。

男性差別とか、色々反対意見もあるみたい。確かに、『痴漢対策』として女性専用車両が導入されるって、すべての男性に対して失礼かもしれないし、こんなものが存在することって悲しい。
でも、痴漢の被害に苦しんでる女性がたくさんいることも確か。こういう気持ちって分かってもらえないのかな?私は高校時代私服だったり、乗車時間も短かったし、そんなに痴漢に苦しむことはなかった。姉は女子高だったので、スカートを切られたとか、色んな話を聞いた。どんなに怖いか。

今日は電子辞書を買い換えた。4年位前に買って愛用してたやつが壊れてしまったので、英語のプロユース仕様のものを。ちょっと高かったけど・・・しかし、すごい進化してたんでびっくりしたー。

そういえば、この前試験で授業を1回お休みしたけど、夏休み明けだったから一部生徒の間で『先生は外国人の男と駆け落ちした』ことになってたらしい。笑 なんだそれ・・・
そんな波乱に満ちた人生じゃないんだよねぇ・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 11, 2005

英語を勉強する目的

去年は名古屋で開かれたJACET(大学英語教育学会)の全国大会、今年は@玉川大学でした。木・金・土の日程で、学校があったので最終日しか参加できなかったけど。

玉川大学といえば・・・親戚のお兄ちゃんが行ってたのと、はちみつのイメージだけど、キャンパスはすごく広いし、緑は多いし、謎の日本家屋とかあって、すごいなーと思いました。

ちなみに、こういった学会では学生スタッフがいるけど、私も以前自分の大学が会場になった時にお手伝いしたことがあります。しかし。。。思い出しても腹が立つ思い出が。
某学部の英語教授が、機械の説明(パワポを使う時のプロジェクタの扱いとか)の時に、『まぁ、英米文学科のみなさんは機械は分からないだろうから・・・』との超差別発言
そして案の定、私も含め英米女子はみんな受付にまわされたのでした・・・
まぁ、受付は楽だし、NHKの英語講座に出てる有名な先生とか生で見れてよかったけどさぁ・・・。

話を戻して、イギリスのByram先生という方が、ノルウェーと日本の英語教育政策を比較して発表していらしたんだけど、これがすごく面白かったし、勉強になった。

日本では、文部科学省が「『英語が使える日本人』のための行動計画」なるものを出しているんだけど、その政策の目的と教育的な到達目標がミスマッチしている、とおっしゃってて、まさにその通りだなと思った。

そのあとのシンポジウムでは、文科省の方がパネリストとしていらしてたけど、7月に外務省から出向してきたばかりで、聴衆からもかなり突っ込まれていたけど、ちゃんと答えられなくてお気の毒でした。でも、文科省の言ってることには???な部分が多い。

①英語至上主義?
私は英語を教えているけど、この考えには大反対。確かに、国際語としての英語を使えるようになるのは大事。でも、すべて『英語』に合わせることはないでしょ?
さっきの文科省の人は、『日本語だけで生活できるこの国では、英語や欧米的な考えができず、国際的発展のハンディキャップになっている』ようなことをおっしゃってた。欧米的っていうのは、『積極性や自分を売り込む力』らしいです。ねぇ、国際社会=欧米なの?

②優秀な人材は外へ送り出す。
さっきの「行動計画」には、毎年1万人の高校生を海外留学させるとあります。は?
たしかに、そのコトバの話されてる国に飛び込んで学ぶのがベストかもしれない。でも、留学しないと英語は身につかないの?むしろ、日本にいても、身につくようなシラバス作成とかにお金と時間をかけるべきじゃないの?国内の教育を充実させようよ。それに、そうやって育てた人材は、将来海外に流出すると可能性がある。

なんか、日本の政策は方向がズレてる気がする。中国のアイセッカーとか、留学経験ないのにみんな英語ペラペラだった。中国の(エリート)英語教育はかなりすごいし、カテキョつけてるって話もあるので、当たり前かもしれないけど。

文科省は、グローバル化の社会で生きて行くために英語を・・・っていうけど、日本で生活していれば、英語は必要不可欠ではないって人はたくさんいる。そういう人にとって、この目的では勉強する気にならないと思う。

Byram先生の話では、ノルウェーでの英語教育の目的として、他者を理解し、尊敬し、異文化に寛容になること、そしてアイデンティティの確立があるということでした。
また、桜美林大学の森住衛先生がおっしゃっていた、皆仲良く、自分らしさと相手を思いやる気持ち』っていう単純だけど、一番大事な目的だと思う。
将来仕事とかで使えるように、じゃなくて、↑こういうのを第一目標にあげた方がいいと思うんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2005

抹茶ムース

maccha 宣言通り、抹茶のムース
学校から帰って急いで作った。笑
作り方は、昨日のマンゴムースのマンゴピューレの部分を抹茶にするだけ。
あと、砂糖は三温糖に変えた。抹茶の濃さと砂糖の量は好みで(というか、適当!)
マンゴの時より、ちょっと柔らかめのムースに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

Mango Mousse

プチ一人暮らし終了・・・寂しいような・・・
というわけで、おみやげ攻撃を見越して(?)マンゴームースで迎え撃つことにしました。
っていうか、最近マンゴーにハマッてるだけだけど。

<材料(小さめグラス5つ分)>
マンゴー 小2つ→1カップ
生クリーム 半カップ(100cc)
卵白   1個分
グラニュー糖 40g弱
ゼラチン 小さじ2(ゼライス1袋分)

☆下ごしらえ☆
マンゴーは実を切り取って、ミキサーでピューレ状にする(これで1カップ)。
ゼラチンはお湯大さじ2でふやかしておく。

①マンゴピューレとグラニュー糖30gを鍋に入れて煮溶かし、火を止めてゼラチンを入れてよく混ぜる。火からおろしたら、氷水に当てたボールに移し、まんべんなく混ぜる。
mousse1 mousse2

②生クリームを8部立てにする。ハンドミキサーの力を借りて手早く泡立てれば、氷水に当てなくてもOK。
mousse3 ちょっともったりして、跡が残る程度。

③メレンゲを作る。少し泡立ててから、残りのグラニュー糖を加えて一気に泡立てる。機械の力を借りればあっという間。角が立つまでしっかり。
④マンゴピューレに生クリームを少しずつ混ぜる。
mousse4

⑤さらにメレンゲを混ぜる。泡をつぶさないように、切るように混ぜる。
mousse5

⑥グラスに入れて、冷蔵庫で1時間ほど冷やせばできあがり。
mousse7 ふわふわマンゴームース

自分で言うのもなんだけど、大成功。デパ地下に負けないわ。笑
メレンゲが入ってる分、ふわふわで、マンゴーのさわやかな甘みと生クリームが絶妙。

ところで、京都土産は、ストラップを3本ほどもらい、つけるところがありません。。。
辻利の抹茶も買ってきてもらったので、今度は抹茶ムースを!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

香り

五香粉(Wu xiang fen)とは、中国のスパイスの1つ。シナモン、フェンネル、山椒、陳皮など数種類が混ぜられたもの。

今日は、昨日余った鶏モモ肉を使って、炒め物を。
一口大に切った鶏肉を、みりん、酒、五香粉、しょうゆ、はちみつを混ぜたタレに漬け込んでおく。適当に野菜と一緒に炒め、最後に塩とオイスターソースで味を調える。
05-09-07_18-51 鶏モモ肉の五香粉炒め
ちょっと味が濃かったかもだけど、ゴハンと一緒に食べると丁度いい。
私は鶏の皮も大好きなので、取らないで食べた。
この、五香粉の香り・・・中国を思い出す。五香粉のスナック菓子とかも売ってたなぁ。あー行きたい(><)

あと、今日は予定もなく、天気も不安定だったから、掃除洗濯などしてたら1日終わってた。朝はちょっと晴れてたけど、すぐに雨が降ってきたから、結局乾燥機と部屋干し。

アメリカの家庭でよく使われている、乾燥機に入れる柔軟剤の香りも好き。紙みたいなやつ。ホームステイした時に使わせてもらっていたので、「懐かしい香り」って感じ。
なんだけど、うちの家族にはあまりウケが良くない。。。家でも使いたくて買ってあるんだけど、「匂いがきつい」という理由で使われない。そこまできつくないと思うけど・・・
「鬼のいぬまに洗濯」じゃないけど、この機会に思う存分使いました。笑
服なんかは乾燥機にかけられないから、タオルとかだけだけど。いい香り♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

お留守番

毎年恒例の家族旅行@京都
今回、採用試験や論文、また授業のある関係で、
お留守番となりました。(-ノ-)/Ωチーン

ちょっとだけ寮生活したこともあったけど、プチ一人暮らし体験は初めて。といっても、おばあちゃんも一緒に住んでるんだけど。でも生活は別々にしてるから。

しかし、『普段家族がいる家』に一人でいるっていうのは、結構寂しいことに気がついた。
でも、寂しいの半分、一人暮らしエンジョイ半分って感じかな。家事好きだし。でも、今頃京都で高級日本料理を堪能してるかと思うと、ちょっと悔しい。でも、食費としてがっぽり資金をもらったので、今日は学校の帰りに買い物してきた。

一人だから贅沢してやるぅ!って思ったけど、私の「贅沢」なんて所詮、いつもより30円高いゼリーを買ったり、野菜ジュースを1ℓパックで買ったりする程度。。。パステルのデザートとかも、皆で食べるからおいしいのかも。

05-09-06_19-20 05-09-06_19-18 本日の夕飯 親子丼
親子丼用の鍋があるので、久しぶりに作ってみた。
一人分の分量って本当に面倒。鶏肉余っちゃったから、明日も鶏モモでなんか作らなきゃ。

しかし、久しぶりの授業だったので、脚が痛くなっちゃった。風邪治ったばっかなのにでかい声ださせやがって・・・生徒が集中してやんないから、留守番くらってまで授業してんのに・・・と余計に腹が立ってきた。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2005

The Importance of Being Idle

tibe

別にOasisファンではありませんが。
前にアルバム借りたけど、そんなに好きにならなかった。

ただ、この前出たシングルのタイトルを見て、あることを思い出したので。
大学で、Oral Interpretationという授業があって、私が履修したときは、生粋のイギリス人!って感じの先生で、最初はその発音に慣れるのが大変だった。gonnaとかwannaとか使うのを非常に嫌がっていたのが印象的(笑)

その先生は演劇から発音、表現、人間関係、皮肉などなどを学ぼう!って感じで、前期はMy Fair Ladyを使い、後期にはOscar WildeのThe Importance of Being Earnestというのを使った。大学のラボにも、ビデオ屋さんにもなくて、マイナーだから日本では手に入らないのかも?授業だけじゃ分かんなくて、先生にビデオを借りて見た。

ちなみにOscar Wildeは比較的縁があって、『ドリアングレイの肖像』なんかも読んだ。腐っても英米文学科でしたから・・・。あと、映画も観た。Oscarの愛人役のジュード・ロウがかっこよかったな♪当時は同性愛が違法だから、Oscarさんは牢屋入りしてしまいましたが。

題名の意味は、「Earnestであることの重要さ」で、Earnestは人名と「誠実さ」をかけてる模様。二人の紳士が名前をEarnestと偽って、それぞれ女性に求婚するんだけど、女性は「Earnestという名前の人と結婚するのが夢だったの」みたいなことを言い出して・・・というドタバタ劇。人間関係と滑稽さが面白いと思う。出てくる人みんなゲンキンだし。

Oasisの方は、「怠けることの重要さ」。最初はIdol?(=偶像。発音は一緒)かと思ってたら、Idleの方だった。PVを見たら、典型的なイギリス紳士っぽい格好で、白黒だし、すぐに演劇の方を思い出した。パロってるのかどうかは知らないけど。

↓たぶんここで見れます
oasis: The Importance of Being Idle

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2005

二次試験(実技試験編)

9月になってしまいました!そして最初の記事がこれってのも鬱だな。。。

長かった・・・私の夏をかけた(割には勉強してなかったけど)、採用試験がこれで終了。合否以前に、あまりに長く、大変だったので、「二度と受けたくない」という気持ちのが強い。

緊張しないように、昨日はあまり考えないようにしてたけど、無意識って怖い・・・
朝起きたら緊張のあまり腹痛。。。食欲ないし、フラフラしながら試験を受けに行った。暑いし。
風邪も治りきっていなくて、とりあえず、聞き苦しくない程度に声は出るんだけど、まだ咳が止まらない。なんという悪条件・・・

実技はどういうことするかというと、体育なら水泳とか逆上がりとかかもしれないけど、英語の場合は、コミュニケーション能力試験です。だから、ALTとおしゃべりしに行く程度に考えてた。ら・・・控え室に入ると、みなさん、なにやら英語のお勉強をしてるじゃないですか。。。しかも、スピーチ原稿のようなものを真剣に読み返してたり、受験者同士英語で話してたり・・・

私がやった事と言えば、家を出る前にVOAのニュースを2、3個Shadowing(聞いてすぐ真似すること)して、家で英語で独り言つぶやいてたり(←傍から見ると怖いけど)したくらい。。。

試験はどんなかというと、英語の先生と思われる日本人面接官と、ALTの面接官がいて、最初に英語の短い文を聞いて繰り返すように言われます。ALTはNatural speedよりちょっとゆっくりめくらいで話し、繰り返す時は1つ1つはっきりゆっくり発音してくださいとのこと。
「聞き取れているか」「正しく発音できるか」が測られていると思われる。人間の記憶は7±2チャンクといわれているので、7語以下の文だったと思う。

次に、ALTから英語で質問された。最初は簡単なもので、後になるとちょっと詳しい説明がいるような質問になる。次に日本人面接官から英語で質問され、それは学校とか教育に関することだった。多分、内容はそこまで重視してないと思うんだけど・・・

「CDって何聞くの?」と聞かれて、「Simple PlanとかBowling For Soupとか...」って言ったら、分かってくれて嬉しかった。勤務校のALTは知らなかったから・・・特に後者。

しかし・・・ひどい・・・何言ったんだろ私・・・
やっぱり英語の先生になるべきじゃないかも・・・沈

とにもかくにも、終わったわけですので、忘れよう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »