« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 31, 2006

瓦せんべい

Image0009 先週、(やっと)初詣に行ってきた。
意外と近い、鎌倉の鶴岡八幡宮へ。

で、私のお気に入りが、駅前にある小松屋本舗さんの瓦せんべい。これは瓦というより、雪みたいな形なんですが、定番のものは瓦の形をしてる。小麦粉と卵とはちみつという、飾り気のないお味が大好き。他に支店を出してないらしいので、ここでしか手に入らない模様。

あと、小町通りでおまんじゅうや団子やしょうゆせんべいを食べ歩くのも大好き。

ちなみに、去年は八幡宮で凶をひいてしまったけど、今年のおみくじは中吉だった。
「病気 医者を必要とする」って書いてあるんだけど・・・秋ごろからずっと治らないアトピー性皮膚炎・・・やっぱ病院行かなきゃだめかなぁ。。。

昨日「シーザーサラダ」をスーパーで買ったら、チーズやクルトンはあるけど、肝心のドレッシングがついてなかった・・・仕方ないので、あるもので作ったら、意外と美味しかった。
マヨネーズ、からし(←しかも和からし)、レモン汁、こしょう を適当に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2006

MARLOWE

cid_a0001 葉山にあるカフェ、MARLOWE(マーロウ)の焼きプリン。

ついに、買ってしまった!!と言っても、葉山に行ったわけじゃなく、デパ地下の支店で買ったんだけど。初めてなので、最も基本的なカスタードで。630円もするのですが、結構でかいです。しかも、容器が耐熱で計量カップとして使えるし、きれいにして返せば200円戻ってくるらしい。

美味!!硬すぎず、やわらかすぎずな歯ごたえと、甘苦いカラメル。一人で食べるとちょっときついかもしれない。

他にも、抹茶やらバナナやらあって、ぜひそちらもいただきたいと思った。おいしい!!
いつかカフェにも行ってみたい。

しかし・・・店員のお姉さんが、どうも高校の同級生のような気がしてならないのだけれど・・・自信がない・・・向こうも忘れてるだろうしなぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2006

最後の授業

昨日で、授業をするのも、受けるのも最後。

高校の方は、自由登校に入るため、授業はもうおしまい。当分は教壇に立つことはないでしょう。

その夜、大学院の授業。これも最後。おそらくもうこのような形で授業を受けることはないと思う。(というか、当分はもう学生はいいかな。。。)

寂しいような、せいせいするような、でも思ったほど、感慨深くもなく。

『先生』としては1年生で、そう呼ばれることにもちょっと抵抗。
生徒達とは、特に問題なく1年を終えられたと思う。まぁ、彼らもほぼオトナだし。けど、その陰には、年齢が近いこととか、生徒指導に関わってないとかもあるかと思う。『若さ』で乗り切れなくなったとき、先生としてやっていけるかな・・・?と思うと不安。

生徒達にとって、私の授業ははたして役に立ったのか。運び方も下手な部分とか無駄も多かったし、英語だって、彼らに十分応えられたかな?

最後に1年間をふりかえってもらった(自己評価)ついでに、感想も書いてもらったけど、「毎回コメントを書いてくれたのが良かった」って書いてくれた生徒がいた。それは意識して心がけたことなんだけど、それは私が授業だけを持っていて、かつクラスサイズが小さかったからできたことで、担任や部活や委員会とか抱えてる専任の先生方にとって、それは難しい時もあると思う。

私は学校で大事なのは授業だと思ってるんだけど、現状はそうではないし、必ずしも授業中心にできる環境ではない学校が多々あることも分かってる。けど、授業に労力をたくさんそそげないっていうのは、どうも納得いかなくて。

ちなみに、学年末の課題としてLanguageをテーマに、各自がサブタイトルを設定して、自由に書いてもらった。締め切りをへーきで過ぎる輩続出だけど、出してくれた人のを読むと、おもしろいなーと思う。これ、授業前にできたらよかったな。ただ受動的に勉強するだけじゃなく、何で言葉が大事なのかとか、言葉を学ぶとどうなるのかとか、みんなで考える時間が欲しかったと思う。

本当に、『先生』と認めてもらえていたのか疑問だけど、ほんとに楽しかったし、勉強になった1年だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 23, 2006

SR-71 Here We Go Again

sr-71 SR-71

HERE WE GO AGAIN

やっと手に入れた。

アメリカでも人気だったBowling For Soupの1985はもともとSR-71のMitch AllanとJohn Allenがつくった曲。というつながりで、ずっと欲しいな~と思ってたアルバム。

SR-71もBowling For Soupと同じ時期に活動を始めたようだけど、最初のメンバーはもうMitch Allanだけで、他のメンバーは去るし、一人はその後亡くなったようだし、レコード会社にもクビ切られるし、なんか気の毒。しかもMitchはソロで活動していて、この先SR-71はどうするんでしょうね?(終わったわけじゃないって書いてあったけど)

歌詞は決してロマンティックでもさわやかでもなく、寂しささえ感じるけど、曲は力強くて、受け入れやすい。Hidden trackはカントリー調でまた良かった。

1曲目から、Axl Rose 「(Guns'N Rosesの)Axl Roseはどこ行っちゃったの?」ってサビなんだけど、意味はともかく、好きな曲。タイトルにもなってるHere We Go Againも好き。

問題(?)の1985はというと、Bowling For Soupは編曲だけでなく、後半の歌詞もちょこちょこ変えてたみたい。基本は変わらなくて、80年代に青春時代を過ごした女性が、24で(おそらく)子供ができて結婚して、色々夢があったのに、その夢はどこ行っちゃったの?高校生の子供たちは、1985年にまだこだわってる彼女をかっこ悪いと思ってる、という歌。

切ない・・・。ちなみにBFSのJaretは、ほんとは1984年なんだけど、"Coz she's still preoccupied with 1985"のが韻的に良かったから、1985にしたと言ってました(多分、preoccupied, nineteen, eighty-fiveの〔ai〕で韻を踏んでる)。

でも、オリジナルがあまり知られてないって、悲しい・・・。AFNで、「実はオリジナル曲があるのです・・」って紹介されて知ったし。BFSバージョンも、SR-71バージョンも好きだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

寒い雪の日には・・・

予報どおり、朝起きたら、

06-01-21_10-22 雪が積もってる!!
雪が降って、しかも積もるなんて1年に1回あるかないかなので、大人になった今でもちょっとワクワクしてしまうのです。。。出かける予定がない時に限るけど。
大雪で困ってる人もいるのに、不謹慎かもしれませんが。

余ってたラム漬けフルーツを使い切ってしまおうと、久しぶりにケーキを焼きました。

【ラムフルーツ・ケーキ】

材料
小麦粉 100g
砂糖   30g
ベーキングパウダー 小さじ1
サラダ油 小さじ1
牛乳   80cc
ラムフルーツ 適量

①小麦粉とベーキングパウダーはあわせてふるう。
②サラダ油と牛乳をよく混ぜ、粉類と砂糖を加えて混ぜる。
③フルーツを加えてよく混ぜる。
④オーブンで焼く(170~180℃くらいで40分くらい?)

06-01-21_13-34 バターも卵も使ってない。健康的?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2006

Hurricane Bar

hurricane_bar_front

スウェーデンのバンド、Mando DiaoHurricane Bar

ついに買いましたわ。というか、これを聞きながら論文書いてたんだけど。

Mando Diaoは、ボーカルが2人いて、そのうちの一人、Gustaf Norenは、私が大好きなSugarplum FairyのNoren兄弟のお兄さん。最初は、彼らのさわやかロックに比べると激しいので、趣味に合わないかと思ったけど、何度か聞くうちにこっちも好きになった。

もう1人のボーカルのBjornも良い声だし、お兄さんは弟達とちょっと似てるなーって思う部分もありつつ、高めでいい感じ。歌は、古きよきロックを思わせる、ちょっとビートルズ系列。私の大好物です。

シングルにもなっている、
God Knows
Clean Town
You Can't Steal My Love
あたりが、やはりいいですねぇ。
特に3番目の、”Honey I love you~”ってあたりがたまらない♪

こんな調子でCDばっか買ってたら、保管場所がなくなった。
どうしよう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2006

17歳バトン

かおりんごから頂きました。

*17歳のとき何してた?

しがない女子高生。
17歳の誕生日の直後に、学校の語学研修でサンフランシスコに行きました。
初海外、初ホームスティで、人生の大イベントの1つかも。

私服の学校だったので、最初は制服がうらやましくて、お姉ちゃんの制服借りて『女子高生』の格好をしたこともあったけど、17の頃には諦め、Tシャツにジーンズ、ノーメイクで快適に過ごしていました。

やってたことといえば、
‐茶道部の部長
‐文化祭実行委員
‐巫女のバイト
‐英語と中国語

*17歳でやりのこしたことは?

やりたい放題やってたので、ないです。

*17歳に戻れるとしたら?

制服デートがしてみたい。。。

*17歳に戻っていただく5人

やりたい人やってください・・・と言いたいところですが、個人的興味から、
kayoちゃん、お願い!笑

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 16, 2006

終わった。。。

lancome 今日は論文締め切り。結局ギリギリになって、しかも久々の徹夜でもうしんどい。

この2年間、ストレスで体調を崩しながら、いつも辞めたい辞めたいって思いながらダラダラやってきたけど。。。一応形にはなったわ。

でも中身は・・・来月恐怖の口頭試問があるけど、当分は考えないことにする。別に学位でなくてもいいけどさー。

地獄のような半月だったけど、これでやっと解放される。。。

でもちゃっかりランコムの新作はゲットしたりして・・・

明日は仮定法だから、授業のプリント作らなきゃぁ・・・だけど寝る。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 02, 2006

花びら餅

V4010153 確かお正月に食べる、花びら餅。
桃色のあん(みそあんだった気もするけど)にごぼうが突き刺さっている。というか、まとめてお餅にくるまれています。

お茶を習っていた時に、何度か頂きました。あと、亥の刻餅とか、乙女餅とか、季節により色々あった気がするけど、、、もう随分経つので忘れちゃったよ。

とにかく、和菓子大好き☆

今日は、帰省中の松Qの召集があり、アイセックチャイナ同期数名集まった。天気も悪いし、すぐにカラオケってことになったけど・・・歌ったからではなく、笑って腹筋が痛くなった。笑

夜の部にも参加したかったけど、さすがに論文がちらついたので・・・(><)早くぱーっと遊びたい!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

いつもと違う年末年始

05-12-24_10-12 新年あけましておめでとうございます。

あっという間の一年。もう年越しにワクワクしないな・・・って言ったら、

『それは年をとった証拠だ』

と父に言われてちょっと凹んだ大晦日。

大掃除ついでにイヌ(注:ぬいぐるみ)も洗濯。

年をとったことは否定できない。今年、この時間に家にいるのは、ついに巫女を引退(?)したからなのです。高2から続けてきたけど、ここ数年は大ベテラン扱いで、まぁ、年齢的にもそろそろ・・・

年齢問題以前に、今回は論文〆切カウントダウンが始まっているので、そちらのせい。きっともう朱袴をはくことはないんだろうな・・・大晦日の夜、慌しく準備したり、夜中3時に年越しそば食べたり、この7年はずっとこうやって年末年始を過ごしてきたわけだから、なんだか寂しく思う。まぁ、家族と過ごすお正月だって、貴重なんだけどね。どちらにせよ、今年は家にこもって勉強なので、来年はお正月をエンジョイしたい。

ここで、New Year's Resolution
『言葉遣いと失言に注意する』

生徒にも、直球過ぎてツッこまれることが多いので。。。でもこれを取ったら私らしくなくなるかもしれないけど。

ちなみに、論文が終わっても終わらなくても、4月から就職するつもりです。
一応、ソフトウェア会社から内定をいただいてるのですが・・・
先生には反対されたけど、企業で働いてみたくて。もちろん、お仕事の内容もすごく興味があるし。もう二度と教員にならないってことではないし。
というわけで、入社にあたって資格取得のための勉強とかもあって、ほんと飽和状態。。。

でも、今年も精一杯がんばりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »