« The Da Vinci Code (Film) | Main | Pride and Prejudice »

July 15, 2006

Black Cherry

この時期、父宛にアメリカンチェリー(=Black cherry)が箱で送られてきます。
これがなかなか食べきれないし、傷むのも早い(遠くから来てるしね)。

ということで、今年はさっさと加工することにした。

アメリカンチェリーのケーキ
【材料】(18センチの丸型1個)
卵     2個
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖   70g
マーガリン100g
チェリー 適量
キルシュワッサー 適量

キルシュ(=チェリー)ワッサー(=水)はドイツ語ですが、水じゃないです。
水みたいに透明な、チェリーの蒸留酒。お菓子用リキュールとして売ってます。

①チェリーは種を出して、半分以下に切って、キルシュワッサーに漬けておく。
Cherry1 ※長く漬けすぎない。

②卵と砂糖を混ぜ、高速でbeatして下さい。
Cherry2 ←母がTVショッピングで買ったマルチハンドミキサー初仕事。

Cherry3こんな状態になるまで。白っぽくふんわりと。

③あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダーを混ぜる。

④溶かしたマーガリンを加え、チェリーを好きなだけ入れる。
Cherry4 こうなる。

あとは、型に入れて焼きましょう。うちはオーブン任せですが、10分ほど余分に焼きます。
手動の場合は180℃で30~40分くらいでしょうかね。

できあがり。
Cherry9 アメリカンチェリーは火を入れたほうが美味しいと、私は思う。
が、今回キルシュワッサーに漬けすぎ、(細かく切ったため吸収が・・・)
焼いたにも関わらずアルコールが抜け切れてなく、ちょっと酔っ払う。

冷蔵庫に入れて、翌日食べるといい感じかも。

ちなみに、余ったチェリーはこちら↓↓

Cherry7 キルシュワッサーに漬けた後、砂糖と一緒に
ひたすら鍋で煮詰めてジャムにします。
私の好みで形残し気味。アルコールも抜け、
ヨーグルトとよく合うジャムになりました☆

砂糖の量はカンですが、だいたい「まぶす」程度に入れてます。

|

« The Da Vinci Code (Film) | Main | Pride and Prejudice »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40369/10957156

Listed below are links to weblogs that reference Black Cherry:

« The Da Vinci Code (Film) | Main | Pride and Prejudice »