« Clafoutis (+ des pommes) りんごのクラフティ | Main | 節分 le nouveau printemps »

February 03, 2009

最近の食卓

カールおじさんが飲み会の日は実家に帰っちゃいます。

帰ってビックリ。

Image136

火山灰がつもってる!!浅間山噴火でここまで!!と。たぶん自宅にも多少積もってると思うけど、わかんなかった。Every time my husband dines out after work, I stay at my parents' place. I was surprised to find that ashes piles up on the car after the eruption of Mt. Asama.

Image135

相変わらず、献立を考えるのは大変。。。安売りしている食材をもとに考えることがおおいけど、余ったり、似たようなものばっかりになってしまったり。It is always difficult to plan meals everyday. I usually check ads of supermarkets and think about what to cook.

先日は焼き鳥にしてみました。ムネ肉が安かった時にたくさん買ったのを冷凍してあったので。あと、じゃがいものハンバーグとキャベツと枝豆のトマトソース炒めと、炊き込みご飯。(うしろに写ってるのはイチゴのスコーン)。We had Yakitori the other day. With potato humbergs, cabbage and edamame with tomato sauce and takikomi rice. (also strawberry scones behind).

じゃがいももうっかり芽が出てたのでcoldsweats02

Image131

皮をむいて小さく切ったじゃがいもを電子レンジで下茹でして、つぶします。たまねぎのみじん切りと粉チーズを混ぜて、一口大にまとめます。Peel and cut potatos and cook in a microwave, mash them. Mix the potatos, minced onions and cheese and make small pieces of humberg.

フライパンに油をひいて、両面を焼いていきます。 Spread oil on a fring pan and bake both sides.
Image132

やわらかいので、ひっくり返すときに要注意。フライパンの端っこ使ってくるっと。私は生のネギが苦手だから、たまねぎは最初によく炒めておけばよかったかも。。。I don't like uncooked onions so I should have fried the onion well beforehand..

トマトソース炒めは、たまねぎのみじん切りを炒めて、トマトケチャップ3にお好みソース1くらいを加えて。キャベツと枝豆をさっと炒めたら、ソースをからめる。The vegetables with tomato sauce: fry minced onions and add tomato ketchup and okonomiyaki sauce (3:1). Fry cabbage and edamame and pour the sauce.

この前はご近所さんに野菜をいただいたので
Image126
ブロッコリーとカリフラワーのクリーム炒め。マーガリンと牛乳、コンソメの素、小麦粉少々でクリームソースを作って、下茹でした野菜をからめます。

|

« Clafoutis (+ des pommes) りんごのクラフティ | Main | 節分 le nouveau printemps »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40369/43943548

Listed below are links to weblogs that reference 最近の食卓:

« Clafoutis (+ des pommes) りんごのクラフティ | Main | 節分 le nouveau printemps »