« 神奈川県立歴史博物館 | Main | 横浜開港資料館 »

April 28, 2009

talk to the SNAIL

Ttts
talk to the SNAIL Stephen Clarke
カールおじさんが貸してくれた本。飛行機で読むように買ったらしい。書き手はフランスで働くイギリス人。他にも、A Year In the Merdeとか、Merde Actuallyといったイギリス人から見たフランスに関する本を出しているそうです。日本語訳も出ています。

ちなみに、Merdeとは英語で言うところのShitで、あまりいい言葉ではないらしい。カールおじさんは私にこの言葉を教えておいて、やっぱりあまり適切ではないらしいので、言いかけると、Mer..credi(水曜日の意)とごまかします。

フランスとイギリスの仲の悪さは有名(?)ですが、外野なので、読んでて面白かったです。というか、フランス人のカールおじさんも、自分の国がどう書かれてるか気になるんだねぇ。私にとっても、フランスという国や人々を理解(誤解?)するのに役立ちました。皮肉たっぷりな言い回しが面白い!

いくつかのチャプターに分かれていて、最後には役立つ(??)フランス語のフレーズ集があったり。フランス語で悪口言うのがうまくなりそうです。道端でマナーが悪い人がいると、最近はカールおじさんとフランス語で文句言ってます(聞こえても分からないだろうからbleah)。

もちろんSnail(カタツムリ)はエスカルゴを食べるフランス人のこと。他にもFrog(フランスのFRとカエルを食べることから)とか、Le coq(ニワトリ)とか、ベレー帽もシンボルらしい。

日本でも、「説明書」的な本が流行っているようですが、日本人について外国の人が書いた本があったら、確かに読んでみたいかもcatface

Carl bought this book at an airport (maybe Heathrow) and gave it to me. The auther is a British working in France. He also released books "A Year In Merde" and "Merde Actually"which he wrote about France from British point of view. I found Japanese translations, too.
"Merde" means "shit" in English and is not a polite word. It was Carl who taught me this word but he knows he shouldn't use it, so whenever it is about to slip out, he says "mercredi (wednesday)" to make up.
The fight between France and Britain is famous. As an outsider, it was a fun reading. And it helped me understand (misunderstand?) France and its people. I liked the ironic description very much.

The book is devided into several chapters and each chapters has useful French expressions. I think I can acquire French bad mouth :-p I often speak ill in French with Carl when we encounter rude people on the street (because they won't understand).

Books which analyze a certain group of people (e.g. Blood type B people) are very popular in Japan. I would be interested I find a book about Japan written by a foreigner.

|

« 神奈川県立歴史博物館 | Main | 横浜開港資料館 »

France」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、ちょっと教えていただけると助かるのですが、以下はtalk to the snailに出てくる一文なのですがどういう意味かわかりません。教えていただけますか?
But on his throne,he was obviously a complete tyrant,the Sun King hoping to burn my fingers.
この続きの文が読めるサイトをご存知だったら教えてください。よろしくお願いします。

Posted by: miporin | August 12, 2009 at 07:33 PM

結構前に読んで忘れてしまったので、前後の文脈がわからないのですが、

「しかし彼は王位にあって、私が痛い目にあうことを望むなど、太陽王は明らかに完全な暴君だった」

といったところでしょうか。。。
続きが読めるサイト?というのはよくわかりませんが、確か日本語版も出てると思いますよ。

Posted by: Erika | August 12, 2009 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40369/44791487

Listed below are links to weblogs that reference talk to the SNAIL:

« 神奈川県立歴史博物館 | Main | 横浜開港資料館 »