« 息子の言語観察① Linguistic Observation on My Son -1- | Main | タカナシ乳業バラ園 The Rose Garden of Takanashi Milk Factory »

July 12, 2012

息子の言語観察② Linguistic Observation on My Son -2-

言語観察、つづきです。

☆形容詞 Adjectives
一番最初に出て来た形容詞(らしきもの)は「熱い」でした。
食べ物が「あちちー」。「あ」はほとんど聞こえず、「ちちー」。
The first adjective (-like) word was "hot".
It was about some food in his plate which was still hot. I said "a chichi" (atsui = hot), and he repeated "chichi". "A" sound is almost silent.


「ちちー」は非常に紛らわしい言葉で、「おしっこ」「チーズ」「ソーセージ」を意味する時との区別がかなり難しいですcoldsweats01
"Chichi" is an ambiguous word because it may also mean "pee pee", "cheese", "sausage" for him.


比較的最近(2歳3ヶ月前後)になって、「大きい(おっきー)」が言えるようになり、それに合わせてごく最近「小さい」も出てくるようになりました。
Then at about 27 months, he started to say "big (okki)" and later he learned "small (chi-sai)".


面白いのは、「小さい」が出てくる前に「ふるい(ふりー)」が出て来たこと。というのも、大好きな電車の本を見ていて、「これは小田急線、こっちも小田急線。古い車両だね」と私が言っていたことから、小田急線の旧型車両を見て「ふるい」と言い出すようになったのです。それから、私が意識して「古いオムツ」「新しいオムツ」のように言うようにしたら、オムツに大しても「古い」「新しい」と言うようになり、これらの形容詞の意味を習得したように思われます。

It is interesting that he started to say "old (furui)" before "small". Because, when we read (well, I'd rather call it "look at") books on trains, I say "this is Odakyu line. So is that one, but it's an older car", and he started to say "furui" pointing at the old car of Odakyu line. Then I consciously talk to him "an old diaper", "a new diaper" then he started to say "old" and "new" to diapers. So I think he acquired them.


これから注目したいのは、フランス語では英語や日本語と違い、多くの形容詞は名詞の後に来るので、それをどういった段階を踏んで習得して行くかです。
例えば、「青い本」はun livre bleuとなります。まだまだ先のことと思いますが。
I will pay a lot of attention on how he will acquire adjectives because they put most of the adjectives after a noun in French while we put them in before a noun in Japanese or in English.

ちなみに、フランス語で「大きい」は"grand(e)"、「小さい」は"petit(e)"です。この二つの発音自体は出来、「おじいちゃん」「おばあちゃん」の意味の"grand-papa" "grand-maman"は(フランスの祖父母に対して)言えるようになっています。
By the way, "big" is "grand(e)" and "small" is "petit(e)" in French. He can pronounce these words now and he can also call his grandpa "grand-papa" and his grandma "grand-maman".


☆人名 Names
近い家族の名前はほぼ言えるようになりました(発音は…ですが)。でも、私やカールおじさんの名前は知らないんだろうな〜。互いを呼ぶ時は名前で呼んでいるから、そのうち分かるようになるかしら?
He can now call most of the close family members (pronunciation is not always perfect). I wonder if he knows Carl's and my names. But I think he will understand soon because we call each other in names, not papa or mama.

あとは、機関車トーマスの仲間の名前はどんどん入って行きます(笑)トーマス、パーシー、エド(ワード)、ゴードン、ジェー(ムス)、トビー、メイビス、クランキーなどなど…。
アンパンマンは「アンマンマン」って呼んでいる。パンは言えるのにね、Anpanmanのnpの辺りが難しいんでしょう。
And he quickly learns the names of Thomas the Steam Engine and his friends. Thomas, Percy, Ed(ward), Gordon, Ja(mes), Toby, Mavis, Cranky....

But he can't correctly pronounce "Anpanman" but "Anmanman", though he can say "pan". Maybe the "np" connection is difficult for him.

|

« 息子の言語観察① Linguistic Observation on My Son -1- | Main | タカナシ乳業バラ園 The Rose Garden of Takanashi Milk Factory »

baby note」カテゴリの記事