学問・資格

January 15, 2008

「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語

41kmwk10g5l_ss500__2
ベルばらが連載されていたのは、私が生まれる前ですが、子供の頃にアニメが再放送されていた関係で、小学生の時に親戚にコミックをもらって読んでいました。姉の方がハマっていたのですが、私もそれなりに、面白いと思っています。

最近リバイバルなのか、コスメも出ています。マスカラは私も愛用。特にマリーアントワネットの方。
姉の誕生日には

Image317
入浴剤一式。ちなみに、一番よかったのはアンドレのバラの湯。二番目はジェローデルのミルク風呂。しかし、パッケージのくっさ〜い台詞に大爆笑。みなさんも、よろしければアンドレの愛に包まれてみて下さい。

で、本題。今までなかったのが不思議だけど、「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語 なる本があります。会社の近くの本屋で見つけて、つい購入。アマゾンでも在庫切れで、中古が元値より高く売られてるので、ラッキーだったかも。

ベルばらの名場面をフランス語に訳し、文法から学んで行くスタイル。しかも解説は青学の平野隆文先生とのこと。

私はこの他に2冊ほどフランス語学習本を持っているのですが。。。

なんと、

これが一番分かりやすい!笑

ベルばらの基礎知識があり、フランス語を勉強したい人にはお勧めです。

※ちなみに、台詞の多くは現代日本の実生活で使えないものばかりです(笑)
例:「もう...どこへも嫁がないぞ...一生」

できれば使いたくないです。はい。
(一生あなただけだよ、っていう意味だとは思うんだけど)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2006

NEW☆TOEIC

先月、1年半ぶりにTOEICを受けてみた。
(スコアによっては会社からおこづかいもらえるので)。

5月から、内容が一新されたとのことで、ちょっと心配もあったけど、
むしろ自分の不得意分野が消えたりしたので、私には有利かも。

リスニングは、アメリカ英語だけでなく、イギリス、オージー、カナダ英語などの
発音も含まれ、「????」ってこともあって、焦った。

・・・ていうか、結局アメリカ+英連邦(Common Wealth?)系じゃんね。黒人英語(AAVE)
とか、Singlishは含まれないんだ。。。(分からないから出されても困るが)。

あと、写真問題が半減。
ちなみに、リスニングは1回しか言ってくれないし、選択肢見る時間も不十分なので、
私はいつも解答用紙に点をつけておいて、マークはリスニング終了後にまとめてやることで、
選択肢を読む時間を稼いでいます。ただし、リーディングの時間が減るし、手が疲れます。

リーディングは、だいっ嫌いだった間違い探しがなくなり、文法問題(穴埋め)、
資料を読んで答える問題、2つの資料から情報を取り出す問題など。

文法に関しては、語彙を問うものもあったけど、品詞の問題が多かったように感じた。
形容詞、名詞、動詞、副詞・・・みたいな。

そんなわけで、時間は超ギリギリだったんだけど、なんとか埋めた。
また、新しくWeb上で1週間早く結果が分かるようになった。というわけで
会社でチェックしてみたら、思ったよりよかったんでビックリ。

学生時代に越えられなかった壁をぶち破ってた。うれしい!!
でも全体的な偏差とかはどうなってるんだろ。。。
得点の詳細なんかも出してもらえるようなので、楽しみです。

でも、去年は文法の授業もってたり、論文のために英語の先行研究死ぬほど
読んだりしてたのに、それでもリスニングのが良いって・・・なんかへこむわ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 14, 2005

Developmental Psychology

レポートが1つ終わり、また授業も終わったので、事実上夏休み
ただし、やることはまだまだまだまだまだたくさんある。

でも、1日くらいゆっくりしたい。1週間以上前からぶっつづけで勉強してるんだもん。。。

piaget07このお方は、発達心理学では超有名な、Jean Piaget氏。今回のレポートは、児童英語教育だったので、お世話になりましたm(_ _)m

Vygotskyと同じ年に生まれたのに、彼は30代で亡くなって、Piagetは私が生まれるちょっと前まで生きてらしたご長寿。

私は中高の免許しか持ってないし、小学校や幼稚園で教える可能性は低いけど、一貫性のある教育って大事だと思って、学部時代からちょこちょこ勉強してた。

Mother gooseとか、歌ったり、踊ったり、人形劇したり、チャンツ作ったり、結構楽しいのです。

子供の発達段階を考えて、指導を考えていかないと、効果がない。
11歳くらいになると、論理的な思考ができるようになってくるから、文法を教えることも可能。でも、それ以前の子供は、大きな声で歌ったり体を動かすことが好き、幼稚園くらいの子は自分で見たり聞いたりしたことでしか考えられず、自己中心的。とか。

小学生は塾でしか教えたことないけど、なんだかんだカワイイよね。
でも、小学校や幼稚園の先生している私・・・想像できない。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2005

SELHi Forum

corpus
大学は違うけど、単位交換でゼミに入っていた投野先生の新しい本。ちょっと関わったので宣伝しておきます☆
NHK教育の『100語でスタート英会話』などでも有名な先生で、本当に気さくで、タフで、勉強家で、物知りで、素敵な方です。

コーパスというのは、言語データのことで、コンピュータの発達で、実際の言語使用データ(書きことば、話しことば、または外国語として学習している人の発話など)を大量に扱えるようになり、また検索ツールで、例えば"stand″という動詞がどう使用されているか、よく一緒に使われる語はなにか等を調べられる。それを言語学習や言語教育に活用しよう!ということです。
この本では、和訳しただけじゃ分かりづらい類義語を、コーパスを使って使い分けを示した辞書のようなものです。例えば、"mistake"と "error"はどう違うの??みたいな。

そして、今日は文部科学省主催のSELHiフォーラム@ビックサイトに行ってきました。りんかい線ってSuicaが使えるのね!と初めて気づいた。でも高い。
SELHiはSuper English Language High school (略してセルハイ)のことで、全国で100校くらい指定され、補助金が出ている模様。英語に力を入れていて、その研究発表が今日あったわけです。大学の先生が関わっていらしたので、拝聴しに参りました。各校、いろんな活動に取り組んでいますが、理系科目を英語で教えるContent-based Instruction(CBI)とか、インターネットでバーチャル・ハイスクールとか、いやぁ、うらやましいと言うか、先生方大変だったろうな・・・ゼロの状態から立ち上げるんだもん。
悪い意味で新聞に載っちゃうおバカな教師が多いように思われるけど、こうやって血のにじむ努力をしている先生方もたっくさんいることをどうか忘れないで下さい・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2004

Aptitude & Personality

wonder71.jpg
『ワンダーボーイズ』のTobyと出演者の皆さん

今日は『第二言語習得論』の10分プレゼンが終わって、やれやれ。。。先生はちょっとダンディな英国紳士なので、この難しいテーマについて、しかも英語で話さなきゃいけないという二重苦。更に来月までにレポート書かなきゃいけないので、ものすごくブルーです。。。

私が今回担当したところは、Personalityに焦点を当てた部分。Aptitudeは適性ってことで、言語学習の適性を測ることができないだろうか?っていうのがこのクラスのテーマ(おそらく)。
特に米軍とかでは、この適性やらIQテストやらでいけそうな人たちを引っこ抜いて、アラビア語とか学習させるらしい。
勉強の仕方って人によって違うと思うけど、その人の適性がわかれば、それにあわせた学習法とかも考えられるんじゃないかな?文法からガッツリやった方がいい人と、話して話して規則性を見出す人と・・・

私の研究は「ビリーフ」だけど、適性に関するビリーフっていうものもある。例えば、「女の子だし、文系だから理数系は苦手」っていうビリーフが、私の数学の成績を下げていたと思うんだけど・・・中1までは数学できてたのに。。
このテのNegativeなビリーフの方が、悲しいかな多い気がする。「日本人は英語が下手」とか。Positiveビリーフってどんなのがあるかな?

Personalityは、もう色んな要素があるから、「個人差」を言い出したらキリがないんだろうけど、例えば、誉めて伸びるタイプと、叱って伸びるタイプとか?うちでは姉がお尻を叩かないとやらないタイプだけど、私は逆で、小1の時に「勉強しなさい!」って言ったら私が逆ギレしたらしく、それ以来、母は私にそう言うのをやめたんだって。
でも、1クラス40人。各々のPersonalityを見極めるのは難しい!だからその子のタイプや適性を測れる方法があったら本当に助かると思う。

あと、もう一つの要因で、Affective(情意的)なものがある。「みんなの前で話すの恥ずかし~い」とか。確かに、外国語を習い始める中学生ってもろ思春期で、他人の目とかが気になっちゃう年頃なんだよね。。。発音とか、やっぱり恥ずかしくて、私も「Word」を思いっきり「わーど」って言ってたしな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2004

metaphors

V4010056.JPG

metaphor(メタファー)=隠喩。別の次元(meta)に運ぶという意味から、あるものを別のものを使って暗に表現すること、という意味になったらしい。

たとえば、
Life is a journey. (人生は旅である) みたいな。

今、二番目に困っているレポートのテーマがこれです。。。抽象的な概念を、メタファーを使わずに表現することができるのか、実証する。とかだったと思います。

かつおぶしがお好み焼きの上で踊ってる。

これもメタファーかなぁ。ちなみに子供の頃、私は母に騙され、本当に「かつおぶし」という生物がいて、熱いから踊ってるんだと思ってました。まさに「踊り食い」。

ことわざなんかもいい例らしい。

サルも木から落ちる

「上手な人も、失敗することがある」という意味を知らなければ、「なに急にサルの話なんか出して来るんだよ」ということになっちゃいます。

なんか面白いメタファーないかなぁ・・・。レポート真っ白。

| | Comments (0) | TrackBack (0)