wedding note

March 19, 2009

Café de la PRESSE

Dsc00809
日本大通にある大好きなカフェ。この辺りは県やら市やらの歴史建造物も多くて、古い建物が好きな私のお気に入りスポットの1つ。

実は、同じビルの別のレストランでランチしたことはあったけど、このカフェは去年まで行ったことがなかった。

ある日横浜をプラプラ散歩していると、いつものように街中でフランス語を探しているカールおじさんが見つけた。プレスって新聞の意味?それともプレスするのプレス?なんて話してて、結局その建物は新聞博物館があるので、新聞の意味なんだけど。それが最初で、雰囲気いいね~と入ってみた。そうしたら、パティシエがフランスの方で、マカロンもすごい美味しくて!!

This is my favorite café on NihonOdori street. There are many historical buildings around this area and this is my favorite as I like old buildings. I had had lunch at another restaurant in the same building but hadn't been to the cafe until last year.
One day, we were hunging around Yokohama and Carl was searching every single French words in town (like names of the shops). And then we found the café. We were wondering what "PRESSE" meant: if it's a journal or pressing (pressure). There is a news paper museum in the building so the answer is former. Then we found it beautiful and tried. The patissier is also from France and his macarons are tres bien!!

横浜にはみなとみらいのような新しい街もあるし、開港時に栄えた異国情緒あふれる地域もあります。私は結婚式をするなら、後者がいいな、と思っていました。でもって、場所は日本だから、フランス色の濃い会場を探していました。
Yokohama has a new area like Minatomirai and also a historical and exotic area which flourished for the opening of the port. I liked the latter for my wedding and as we hold it in Japan I wanted something very French.

最初はホテルニューグランドに心惹かれ、ジャックの塔のある横浜開港記念館も安くレンタルできるので、そこで結婚式したり。。。とか考えていました。でも結局はプロテスタントの宗派の問題で諦めました。開港記念館は自治体管理なため、結婚式利用は人前式のみ。軽食のケータリングはOKだけど、お酒はダメ(フランスでお祝い事にシャンパンは欠かせないから。。。)等の決まりもあったので。
Dsc01687
For me Hotel New Grand (near Yamashita park) was really attractive and also we could have rented Yokohama Kaiko memorial building which has a tower called Jack. But they couldn't meet our requirements (mainly religious). The Kaiko memorial bldg. is managed by local town so they don't allow anything religious and alcohol drinks (you know, champegne is an important item for celebration in France).

会場がよくウェディングに使われることは、ウェブサイトで分かったけど、プロに任せた方が安心かと思って、某ブライダルコーディネートの会社を訪ねました。予約してなかった私たちもいけなかったけど、その対応があまりにもひどくて、腹が立って『自分達でやってやる!!』という運びになりました。サービスの質が高い日本で、こんな対応ができるもんかと、カールおじさんすら驚いていたので、よっぽど・・(笑)で、直接お店に交渉したら、すごく丁寧に対応してくださって、結局専属のコーディネーターさんもいたので、ほんとによかった。
教会にもコーディネーターさんがいらしたので、自分達でやるって言っても、希望をまとめたり、調整したりするくらいでした。それでも、わがまま結婚式だったので、大変だったけど。。。coldsweats01

We knew that the place was often used for weddings on their website but I thought it should be better to ask a professional coordinator so we visited a bridal company. We should have made a reservation but their attitude was really disgusting and we thought "we'd rather do it ourselves then!!. I think Japan has higher quality of services so even Carl was surprized at them. So, we went to the café and asked directly. They have their own coordinators and it was fine! The church has one, too, so it wasn't that hard....well it was hard since we wanted to make the caremony/party unique...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2009

Marital Counseling 3 +

We had the third marital counseling at the church and the main topic was Fair Fighting. There are some rules when we fight: do not use words like "always" and "properly", do not pick up several topics, do not talk about the past etc etc.... I can understand, but it is difficult to keep them in mind when I am ready to fightbomb
カウンセリングも3回目。今回はケンカのしかたについて。やってはいけないことがいくつか挙げられていて、「いつも」とか「ちゃんと」とかいう語を使わないとか、一度に複数の問題を扱わないとか、過去のことを持ち出さないとか。。。。頭ではわかるけど、戦闘モードになったら難しいよね。。。

アメリカの恩師とも、Relationshipについてよく話していたけど、彼女のダンナ様はほんとにステキな人(一回しか会ったことないけど)。お互い理解しあっていて、まさにパートナーって感じで、二人のようになりたいって憧れています。でも、夫婦ケンカのことを聞いてみると、なんだかスタイルが似ている。。。彼女のダンナ様も大人しい方で、ケンカに応戦しないので、そのことが余計頭にくるって。わかる。。。

My older friend in the US has a wonderful husband and I always hope to be like them. We often talke about relationships and now I really appreciate her advice sinse it is always very helpful. I can't imagine they have a fight over something but she said she was very critical to him sometimes and it makes things worse because he doesn't fight back. I can understand the feeling very well! I must grow up not to make fights in vain.

私も成長しなければな、と日々感じでおります。。。

さらに、ドレス屋さんから入荷のお知らせがあったので、実家に帰って、今回は母とともに代官山のアトリエまで行ってきました。すんごく迷って、何着も着て、結局新しく入荷したおすすめのやつではなく、前回友人が勧めてくれたドレスに決めました。詳細はナイショbleah

せっかくなんで、軽くお茶して帰宅。母も東京に住んでた時ぶりだから・・・何十年ぶりの代官山らしい。これからは主婦仲間として、平日連れ出してみようかなとも思いマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2008

Marital Counseling 2

いそがしいですcrying
まったく引っ越せる状況じゃない。。。
片付けるほどに、部屋がごちゃごちゃになるし。。。

そんな中、2回目の婚前カウンセリングのため教会に行きました。

今回は、両親との関係チェックと、Dynamic Relationship Historyってのをやりました。

家族観は、自分が育ってきた環境(つまり家族)に大きく影響されるけど、全く別の家族から来た二人で考えが食い違うことは必須。ということで、どこがどう違うのか知りましょう、ってことでした。

なんとなく知ってはいたけど、団結力の強いカールおじさん家と、実は個人主義な我が家。
顕著なのは、食事時にTVがついているか。あらためて考えてみると、いいところ悪いところ、色々見えてきた。
それを踏まえて、今後自分が親になった時の立場をきちんと考えなければな~と思いました。

Dynamic Relationship Historyは、最初のデートから今まで起きたことを振り返って年表的に書いていくもの。
振り返ってみると、密度が濃かったなぁーとか、忘れていたあんなことやこんなことを思い出した。

ちなみに、このカウンセリングは全然宗教色はないです。アメリカのドラマとか見ると、問題があるとすぐにカウンセラーに行くけど、第3者(この場合牧師さん)を交えて、あらためて自分(たち)を振り返ってみるのは、すごくためになるなぁと思いました。

Busy..but we went to the church for the second marital counseling last weekend. This time we did an Yes-No check list about the relationship between our parents (each of us) and a Dynamic Relationship History chart.

The checklist aims at the understanding of the (ideal?) family view of each other as we are from different families which influence our opinions on family-building. I knew that Carl's family is very "united" while mine is not that much, We can see the difference from an everyday dinner table: whether the TV is on or not. It is always on in my house, but in Carl's, everybody talks with someone and the TV is usually off. 

And about the Dynamic Relationship History, we remember what happend since our first date, and write each incident/story along the timeline.

It was really interesting to review and find ourselves and our relationships. This counseling seems nothing religious and I think it is very important activity for marrying couples. It is not so common to go to counselor's in Japan, but to discuss some things (problems) with a third person may lead us to the solution.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2008

Marital Counseling

先日、教会で結婚前のカウンセリングをしました。
あらためてお互いを知る、ということで、手始めに性格検査。心理学者の作る検査で、むかし教員採用試験でもやった覚えがある(結果は教えてもらえないけど)。2×4つの要素の組み合わせで、16の性格に分けられます。
やってみたところ、二人とも同じ性格区分でした。私のがよっぽど極端だったんだけどcoldsweats01自分も、周りもそう思ってないと思うけど、似たもの夫婦なんでしょうか?

それにしても、大学院でやってた教育学でもこの手の検査はよく目にしたので、なつかしくなりました。私も作ったしね!

We had the first marital counseling at the church the other day. It was to understand each other as a first step and the paster asked us to do a personality test. It was a short form of an inventory which was developed by some psychologists and I remember I did almost the same thing at teacher's enployment test many years ago (I didn't get the result then). There are eight elements of personality (2 elements * 4 category), and we are devided into 16 personalities. The result turned out to be the same for both of us. Well, mine was a little more extreme... I'd never thought and I think neither had people around us, but do we look like each other?

This kind of inventory reminds me of my grad school days.. I saw a lot of them and I myself developed one!

もう横浜もクリスマス一色です!Thanksgivingもあるのに。。。(フランスではSt. Nicolasってお祭りもあるらしい)。クリスマスツリーがあちこちにありました。Thanksgiving is not over yet, but people decorated for CHRISTMAS everywhere.

Queen's Square at Minatomirai
Image078

Landmark Plaza
Image079

Jack Mall
Image080

ん~~寒い!冬ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2008

フランス人と日本人が日本で結婚する手続き 最終回

フランス人と日本人が日本で結婚する手続き その3

準備を始めてから6ヶ月、日本での入籍から2ヵ月半。やっとすべての手続きが終了!長かった・・・。とはいえ、引越しと結婚式が終わってやっと、100%実感がわく気がする。
Six months had passed since we started preparing, and about two and half months from the marriage in Japan, finally all the procedure has done! It was so long... But we still need to move in together and have a ceremony! I applied the Apostille to Ministry of Foreign Affairs and the paper with apostille returned in a week. Then Mr. Snail (my husband) sent them to French embassy (no idea why it took another three weeks for him to send them...anyway). Then all we need to do was to wait while the embassy do the paper stuff.

去る9月19日に外務省宛にアポスティーユ申請をし、およそ1週間で自宅に届き、あとはカタツムリさん(==カールおじさん)に任せたところ、なぜかフランス大使館への送付が10月中旬になった。そこからは大使館がやってくれるので、待つばかり。

そして11月22日に、大使館から手続き完了の証である、Livret de Famille(家族手帳)が届きました。On November 22nd, we received Livret de Famille (Booklet of Family), which means all the procedure was done.
Livret_01
こんな表紙。The cover.

感触は年金手帳みたい。中の印字も。配偶者または父、配偶者または母の各ページに、カールおじさんと私の名前と両親の名前等々が書いてあります。その後、子どもが生まれると、残りのページに書き足されるという戸籍のような冊子です。通常はどっかの市長の名前で発行されるけど、日本にいるので、大使名義みたい。
ちなみに、余白は11ページあるらしい。。そんなに産むのも養子にするのも不可能だけど。

ともあれ、これで肩の荷が1つおりました。

In the booklet, there are a page for "a spouse or a father" and a page for "a spouse or a mother" and in each page, our names and our parents names are written. When we have a child, they write down her information in the following page. Usually it is issued by the name of a mayor, but as we are in Japan, it was by the embassy. It seems there are eleven blank pages...we can never afford to have eleven kids though!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2008

Wedding Note

引越しと結婚式の準備で毎日わけもなくバタバタしています。式もパーティーも地味に内輪でやるので、呼びたい人をみんな呼ぶことができないので、残念ですが・・・そもそも、スポットライトをあびるよりあびせる方が好きな性質なので、自分の結婚式というもの自体、ちょっと気が進まないthink

ところで、色々調べているうちに、Wedding Noteというものがあることを知りました。結婚準備の記録らしいです。この日記もそんなようなものか・・・

カールおじさんは一応クリスチャンなので、やっぱり教会で式をすることにしました。見つけるのがまた大変だったのだけど。。。一応私も大学はプロテスタントだったし、キリスト教の授業の成績はよかったです。ただし礼拝出席回数は両手の指でおさまるかな・・・。けど、お正月には神社に行き、法事にはお寺にいく私は、やはりひとつの宗教に所属することに抵抗がある。だから、私自身は洗礼を受ける予定はないです。

最初は人前式も考えたけど、カールおじさんの両親は結婚時も今も宗派の違いで色々モメた話を聞いたので、きちんとやりたいと思って、教会にした。けど、日本の中の宗派も色々あって、また、その教会に属してないと1年くらい通わないとダメなのねdespairでもフランスからのゲストの予定もあるし、そんなに時間はないから。。。

教会で式をして、パーティー会場に移動しなくてはいけないので、ゲストには申し訳ないけど。。そんなわけで、時間のあるときには礼拝に参加したりしてます。あと、結婚カウンセリングというのがある。
久しぶりに聖書を開いて、ちょっと読破してみようかな、と思った。けど、教会にあるのは英語なので、日本語のチャプター名と違って迷う!!ヨハネによる福音書とかのヨハネはJohnだし、マルコはMarkだし、ルカはLukeだし・・・。まだ創世記しかまともに読んでないけど。。がんばろう。。。

I've been busy for moving out and wedding. We're not gonna hold a huge ceremony and party but very very tiny one so I'm feeling sorry that I can hardly invite all the people I want to invite. I feel SO uncomfortable being a star at a party..I'm rather a wanna-make-somebody-else-a-star kind. I must confess I don't have any dream for my wedding as other normal girls have.

Through my "research" (it's a lot of work as it's an internatinal wedding), I learned there is a record called "wedding note" in which you write down things you get through in the preparation process. I think this diary is something similar at the moment.

About the ceremony, we thought of non-religious (swear-in-front-of-other-people) ceremony as he's a Christian and I'm not. But I heard there're (still) problems at religious events about his parents who are from different sects since their marriage (their parents don't mind the difference, but others do..). So I thought we should swear "properly"under his religion since I have no particular one. I'm not planning to be baptized now, I go to a shrine for New Year prayer and to a temple to pray for my grandfather and I don't feel great about belonging to a single religion.

But I'm interested in Christianity very much: I learned at a Christian university where I got a good mark at Christianity class. Since we found a church where I'm going to "walk the aisle", I try to learn more about it and go to the church on Sundays when we have time. It was also hard to find a church as he's from overseas and I am not a christian so other church required a one-year membership. We are happy to have found a one which doesn't mind our background. We'll be there for counseling this weekend!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2008

La Robe de Mariee

都合により、写真をお見せできないので、ランチでいただいたパスタの写真をお楽しみ下さい。The picture of the dress cannot be shown for some reason, so please enjoy the picture of the pasta I had for lunch instead.
Dsc01341

友人代表とともに、ウェディングドレスの試着に行って来ました☆代官山、何年ぶりだろう・・・。いいものを、お安く手に入れたい!という私の希望をかなえてくれるお店を見つけまして。マリーアントワネットも、篤姫も、嫁ぐときには向こうの衣裳に合わせたのよね(後者は記憶があいまい・・・)?というわけで、フランス製。
I went to a dress maker's in Daikanyama with my friend today. Lucky me, I found the one which provide a good quality dresses with reasonable prices! As Marie-Antoinette changed (well, was forced to, maybe) her dress to French when she got married...so I'd like a French one. In France, a groom must not see his bride's dress until the wedding day. We can see a groom choosing her dress together in Japan. Also, I am not allowed to be there when he tries his taxedo on.

フランスでは、結婚式まで新婦のドレスを見てはいけないのだそうです。日本では見られる、新郎がいっしょにドレス選びしている光景も、パリでは見られないそうです。カールおじさんの礼服の試着も、秘密裏に行われる模様(見ちゃだめ!って)。

ちなみに、サイズはヨーロピアンサイズなので、胸囲ブカブカ?とか心配したけど、意外と大丈夫そうだった。私は童顔だから、カワイイ系をおすすめされたchickデザイナーさんの指摘はほんとに的を射てる。これからドレスをお考えの方は、ご紹介するので、ご一報下さいm(_ _)m

その後、代官山でランチして帰りました。1,700円でコース。おいしかったし、とってもお得♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2008

It is tough to change a family name 改姓ってタイヘン

友人の結婚式も終わり。チャイナメンバーと最後の晩餐@やっぱり例の居酒屋も執り行われ・・・(ちょっとだけだけど、楽しかったheart01)ふうっと一息、ついてみたものの、すごいタイミングで仕事が舞い込み、やっぱり忙しい今日この頃。お家でマイペースにやっているお仕事は、院時代にやっていたもので、久々に英語教育の世界にまた足を踏み入れ、ちょっと浦島太郎です。

別に急ぐ理由はないけど、手続くはさっさとやっておくに限るので、結婚に伴う諸々の手続きのうち、「パスポート」と「貯蓄口座」を片付けることにした。クレジットカードの引き落としに使ってるやつとかは、タイミングがちょっと心配だったりするので、後回し。

新婚旅行どころか式の予定すら立ってないので、パスポートに関しては急ぐこともないのですが。。。これまた面倒なのでしたgawk

本籍地は変わっていないので、「名前」だけ変えたい。結婚で改姓した場合、選択肢は2つ
1) 新規発行
2) 訂正

1)の場合、新規なので手数料が10年パスポートで16.000円。。。あと5年も残ってるのに!!!でも、名前も署名も変えられるので、何かと便利だと思います。写真も必要だし、10日くらいかかると思うけど。

2)の場合、手数料は900円(あと戸籍抄本必要だから+450円か)、15時頃までに申請すれば、当日(1時間後くらい)に受け取れます。でも、追記欄に新しい氏名が書かれるだけなので、出入国審査や、海外でのお買い物(小切手やカード)の時に説明を求められるなどの面倒なことが予想されるので、「新規発行をお勧めします」と書いてあった。何かと出費の多い新妻に16.000円払えなんて!!!と思いながら、訂正にしちゃいました。

ふつうの日本人の名字ならば、パスポートセンターにある訂正申請書に名前を書いて、OKですが、戸籍関係でアルファベットが受け入れられなかったのと同様、ここでは「ヘボン式ローマ字」の壁が。。。

例えば、サルコジ(SARKOZY)さんと結婚してサルコジえりかになった場合、そのままだと
SARUKOJI ERIKA になってしまう。。。
そこで、非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書なるものの登場。これはウェブサイトからDLして書いて持参。あと、外国の公的機関が発行したスペルの確認できる書類ということで、カールおじさんのパスポートのコピーを持参。

でも、最初はコピーじゃダメっぽいことを言われ、本物か、他にないですか?と。そのテの書類は全部大使館とかに提出しちゃって手元にないし、パスポートは本人が持ってるし(携帯義務もあるし)、で、ありません!とゴリ押ししたら、「今後いかなる理由があってもスペル変更しません」の誓約にサインして、OKになった。
厳密に言うと、大使館での処理がうまく行けば、1ヶ月程度でフランスからLivret de familleという戸籍的なものが送付され、そこに私の名前があるはずなので、それが使えるんだけどcatface

そんなわけで、追記欄に1ページ分にスタンプが押され、申請した新しい名前が、フランス式のスペルで書いてあった。とりあえず、「名字にアクサン記号がなくてよかった!!」きっともっと面倒になりそう。これ以上問題が起きませんように・・・wobbly

すごい関係ないけど、フランスのパスポートって身長と目の色まで書いてるの!!

銀行の口座に関しては、なんか4枚くらい書類書かされて、以前の印鑑と新しい印鑑と・・・ってタイヘンだったけど、待ち時間のがよっぽど長かった。

I don't know how it works in other countries but in Japan, in most cases a newly-wed wife changes her family name and she has to change everything to the new name...a passport, bank accounts, credit cards...I think it wouldn't be a big problem even if you don't "update" your family name as long as there is something to proove your maiden name and new name.

I went to a Passport Center to "correct" my family name. I needed to get a copy of my Koseki (a kind of birth record) which costed 450JPY beforehand. Actually there are two ways ...1) get a whole new passport 2) correct the name and/or the registered domicile. If I chose 1), it costed another 16.000JPY (10years version) even though my passport can be used for 5 more years. But they warn that there may be some problems at the immigration or when you shop in foreign countries using traveler's cheques or a credit card because "correction" is just to add some lines onto your passport that you changed your name and it is on a different page to the ID page. But I chose "correction". It costed 900JPY and if you apply before 3PM, you can receive the corrected one in about an hour.

Another problem was "Roma-ji" thing. Roma-ji is a special system to replace Japanese pronunciation into alphabet. So if I marry Sarkozy, my name in Roma-ji will be SARUKOJI ERIKA. If you don't want that, you have to fill another form called non-Hapburn(Hebon) style Roma-ji spelling application. And something to prove the spelling which is issued by foreign official is required. I brought a copy of my husband's passport but they weren't happy with the "copy" but I said I have nothing else and they just let me sign that I won't claim to change the spell in any reason again and accepted.

I also had to fill four sheets of paper to change my bank account name... but what I couldn't bear more was the waiting time at the counter.

I still have a lot of things to "change"...*sigh*

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2008

フランス人と日本人が日本で結婚する手続き 番外編

Dsc00990
フランスの家族から送られてきた誕生日プレゼント。「Expressで送ったのに間に合わないなんて!これだからフランスの郵便は!」とママはおかんむりでしたが。。。
ともあれ、全部私の好きなものでしたhappy01je suis tres tres heureux. They are the birthday presents from my family in France. Maman was mad that the package wasn't delivered by my birthday although she sent it by Express...anyway, I love all of them and they know my tastes!

国際結婚には関係ないけど、苗字を変えると、色々手続きが大変です。名前を変えるものがたくさんあって、お役所や銀行だから、仕事をしながらだと大変だと思う。It's nothing to do with International marriage, but when you changed your family name, there're a loooooot of things you have to change such as licenses, a passport, bank cards etc... And they are not open on weekends and in the evening, so it must be tough to do it if you're working daytime.

役所に行ったついでに、隣接する警察署に行って、運転免許の方も手続きしました(本籍は変わってないから氏名だけね)。これがあると、銀行などで氏名変更する際に使えて便利なのです。必要なのは、新しい苗字になった住民票。訂正申請書は警察署にある。ちゃちゃっと書いて、窓口へ行くと、おまわりさんが書類を確認して、免許証の裏の「備考」欄に日付の判と新氏名を「手書き」で書いて終わり。笑 えええ!って最初は思ったけど。So, I went to the local police station to register my new family name for my driver's license. If you do this, the license can be your ID and will do a great job for the rest of "name-changing" stuff. You need a citizenship paper issued by the city hall with your new family name, and the application form is at the police station. I filled it and handed at the counter, a cop checked the papers and stamped the date and "hand-wrote" the name on the back of the license. I thought "is that all!?" lol

おまわりさんは名前を書き終わると、神妙な顔をして「こちらから質問があるんですが・・・」と。
警察だけに、なにぃ!?とわけもなくびびりましたが、Then the cop seriously told me "Now I have a question..". I did nothing wrong but it's a police and I was so scared.

おまわりさん(Cop):「国際結婚ですね So you married a foreigner?」(苗字を見れば明白)
わたし(Me):「は、はい。。Yes..」
おまわりさん:「結婚したら、あなたの国籍はどうなるんですか?What about your nationality when you marry a foreigner?」
わたし:「はい?What?」

話を聞いてみると、おまわりさんの息子さんがオーストリア人女性とおつきあいしていて、将来的に結婚となったら、国籍とかどうなるんだろう?と父親なりに心配しているとのこと。なので、結婚しても国籍が変わらないことや、国籍を取得するのはかなり大変なこと、日本は二重国籍がダメなこと、もしそちらの女性が日本で主婦するにも、配偶者VISAってのは取るのが大変なんですよ、ということを説明してさしあげた。According to the cop, his son is dating an Austrian girl now and he wondered what would his son's nationality be when they get married. So I told him that his nationality wouldn't change if he married a foreigner, it's very hard to obtain a nationality, it's not allowed to have two nationalities in Japan (Japan and another country), and if she would be a housewife here, it is difficult to get a spouse VISA as well...

小声で神妙な顔をしてたのは、業務外のおしゃべりだったからなのねcatfaceなんだか微笑ましい。一瞬びっくりしたけど、なんだか心がなごむ一幕でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

フランス人と日本人が日本で結婚する手続き その3

フランス人と日本人が日本で結婚する手続き その2
the procedure of a French and a Japanese getting married in Japan part2

まだまだ終わらない。手続き。しかし「フランス婚(事実婚)」は避けたいので、やるしかない。事実婚って、英語ではcommon-law marriage、de facto marriageとか言うらしい。
There are many things to be done for French-Japanese marriage. By the way, common-law marriage is sometimes called "French Marriage" in Japan.

4) 日本での婚姻をフランス戸籍に登録する To register the marriage in Japan to France

4-1 婚姻届記載事項証明にアポスティーユを添付する To attach Apostille to a detail certificate of marriage paper

日本で婚姻届が受理されたことと、その内容をフランスに通知する必要があります。婚姻届を出した時に、「婚姻届記載事項証明が欲しいです」というと、けげんな顔をされて、「それは戸籍全部事項証明で十分です」って上記の記載事項証明なんてないくらいの勢いで言われたので???と思った。どちらにせよ、戸籍ができるまで数日かかるから、また出直すことにしたけど、帰ってからメールで役所のコールセンターに問い合わせると、2日後くらいに返事が来た:
We need to let France know that we were married in Japan. I asked the detailed certificate of marriage paper at the city hall but the lady said "the certificate of all the koseki items is enough" as if there's no such paper that I asked. The new koseki record takes a few days anyway so I went home and asked the municipal information service my e-mail and received the reply in two days:

「婚姻届記載事項証明は発行できます。ただし、書かれていることは戸籍全部事項証明と重複しているため、そちらをおすすめしました」"We can issue the detailed certificate of marriage paper. But the officer recommended the certificate of all the koseki items since it includes every information of your marriage"

とのこと。でも、婚姻届記載事項証明とFrench Embassy websiteに書いてあるから、その通り申請することにしました(ちなみに、戸籍全部事項証明は450円、婚姻届記載事項証明は350円)。But the embassy requires the detailed certificate of marriage paper according to their website (FYI the koseki certificate is 450JPY and the marriage certificate is 350JPY).

というわけで、後日また役所に出向き、この婚姻届記載事項証明(と運転免許訂正のための住民票もついでに)をゲット。どんなものかと思いきや、婚姻届提出時の紙(訂正だらけの婚姻届と婚姻要件具備証明)のコピーに、区長の印と名前と日付が押されたもの。After all, I went to the city hall a few days later again and applied for the detailed certificate of marriage paper, received it in fifteen minutes (I also received a citizenship certificate for my driver's license at the same time). I wondered what kind of document was it for long... It was just a copy of all the documents we handed in at the marriage (the too-many-revision marriage paper and the certificat de capacite de mariage by the embassy) with stamps of the date and name of the head of the ward.

これを外務省に送って、アポスティーユというものをつけてもらいます。フランスなどハーグ条約に加盟している国では、これをつけることによって、駐日領事の認証が不要なそうですよ。Now we need to send the certificate to the Ministry of Foreign Affairs in Japan to attach Apostille. In the countries which join Hague Convension, you just ask the ministry to put Apostille on a document and then it can be used in the other country of Hague Convension without a legalization by the local embassy (not really sure but that's all we need).

アポスティーユ申請書は外務省websiteからダウンロードできました。直接外務省に出向いて、翌日以降に取りに行くか、郵送するか方法はあるけど、特に急いでいないので、郵便で送って郵便で受け取ることに。The application of Apostille is available at the website of the Ministry of Foreign Affairs. You can receive Apostille a day after you handed to the ministry but you can also apply and receive by mail. We are in no hurry so we send it to the ministry and wait for the reply.

・婚姻届記載事項証明 the certificate of marriage paper
・アポスティーユ申請書 an apostille application
・返信用切手つき封筒 an envelop and stamps for return

A Suivre

| | Comments (0) | TrackBack (0)